海外移住コラム

空港型免税店「Japan Duty Free GINZA」を利用してみました。そのメリットは?


銀座のど真ん中にある銀座三越。そのの8Fにある空港型免税店。
空港の免税店は出国手続き後しか利用できませんが、こちらは誰でも入れます。
せっかく一時帰国したので、空港型免税店を体験してみました。

空港型免税店「Japan Duty Free GINZA」

こちらの免税店は、銀座のメイン通りにある銀座三越8Fにあります。
誰でも入ることができますが、購入は成田・羽田で出国を控えた方のみです。
免税品といえば、高価ブランド品。大手有名メーカーが出店しています。

ブランド品以外ににも中国人に人気のホットポットもありました。

お菓子の販売も始まっています。

有名な焼酎も。

その他にも時計や化粧品など、8F全てが専用フロアなので広いですね。

空港型免税店の利用方法

利用方法は、最初にショッピングフォルダをカウンターで作ってもらいます。
その際、パスポートとE-チケット(航空券の予約チケット)が必要となります。
そして、そのフォルダを各店舗へ持っていくと購入することができます。

空港での受け取り方

成田空港の第1ターミナル出国手続き後のカウンター。
カウンターでパスポート、チケット、引換証を見せて受け取ります。
搭乗の1時間前までには受け取りが必要となります。

空港型免税店のメリット

正直言うと、空港型免税店で購入できる商品のほとんどは、
空港の出国手続き後に購入することができると思います。

では何が便利かというと、空港型免税店だと前日までに会計を行うので、
空港の免税店で慌てて買う必要がなく、ゆっくり商品を選ぶことができること、
そして、空港での受け取りまでは重たい荷物を持ち歩く必要がないことでしょうか。

ただし、航空会社によっては荷物の個数や重さに制限があり、
搭乗時に拒否されることもあるので注意しましょう。
免税というお得な方法なので、上手に空港型免税店を活用したいですね。