NZライフ

【予防】アスタキサンチンが海外移住者におすすめの理由とは?

海外生活をしていると大切なのが、病気にならないようにすること。海外で病気になってからでは遅いので、サプリメントを飲んでいます。

 

でも、サプリメントといっても色々な種類があるので、どれがいいのかな悩んでいると「アスタキサンチンサプリ」がいいと聞いたので試してみました。

 

では、今回は「【【予防】アスタキサンチンが海外移住者におすすめの理由とは?」についてご紹介します。

【予防】アスタキサンチンが海外移住者におすすめの理由とは?

アスタキサンチンとは?

アスタキサンチンは淡水藻の一種であるヘマトコッカス藻から培養された赤い色素を持っています。

特徴でもある赤い色素は、フラミンゴや鮭、それにロブスターなどの赤色はこのアスタキサンチンによるものです。

 

日本では最近あまり聞かれなくなったかもしれませんが、少し前までは某健康番組で「アスタキサンチンの効果」が取り上げられていましたよ。

 

アスタキサンチンの効果

アスタキサンチンの最大の特徴は、抗酸化作用が世界最強といわれていること。

 

抗酸化作用とは、ストレスや運動など様々な理由で発生する酸化(サビ)を抑える作用です。

この酸化は病気のあらゆる原因にもなっている言われていて、酸化を抑えることがとても大切です。

細胞膜や細胞中に存在するミトコンドリアなどに影響を与えるために、”細胞”にまで影響を与える珍しい成分です。

 

例えば、心臓や脳、関節、筋肉、それにアンチエイジングなど、全身に効果があることが最大の特徴です。

 

全身のなかでも、特に効果があるとされているのが、「眼精疲労」など目に対するケア。

 

最初に老けたなと感じる器官は”目”なのだそうですが、この目に成分が届く限られた成分がアスタキサンチンです。

 

一般的な成分は脳に異物が入り込まないように脳の手前にあるバリアで止められますが、このアスタキサンチンはそれを通過することができます。

 

実際にワシントン州立大学による臨床試験で、天然のアスタキサンチンを毎日2~8mgを摂取したところ、8週間後にはDNA細胞損傷率が下がったという報告(Park, Chyun,Kim,Line, & Chew.2010)もあります。これ以外にも複数の研究報告がされています。

 

実際に私も摂取しはじめて、目に対する光の過敏がなくなりました。夜の高速道路で目が痛くなることがありましたが、アスタキサンチンサプリを飲んでからはそれがなくなりました。

 

アスタキサンチンサプリの飲み方

アスタキサンチンサプリは健康食品なのでいつでも摂取してもかまいませんが、脂肪性のある食品といってに摂取すると効果が高まります。

 

量は6~12mg/日が適正量で、研究論文などでは12mgを摂取する方がいいみたいです。

 

効果は人によって違いますし、健康食品なので2~3か月継続して摂取することをおすすめします。

 

ただ、「眼」については2週間ぐらいで効果があるという論文もあったので、他のサプリメントと比べると効果を実感しやすいのかもしれません。

 

まとめ

アスタキサンチンは、身体のあらゆる部位に対して抗酸化作用がありますが、特に「眼」にいいとされています。日本でもアスタキサンチンのサプリメントは購入できるので試してみはいかがでしょうか。

 

海外生活では日本のように言葉の問題やお金の問題などで病院に行ったり、現地で医薬品を買うことは簡単ではないことが多いので、運動や食事、さらにサプリメントなどをうまく活用して「病気を予防する」ことが大切です。