NZライフ

レジでビニール袋がもらえない時代がやってきた

エコの国ともいわれるニュージーランド。最近、店舗でのビニール袋の配布禁止が制度化されて、多くの店が対応に動いています。

日本ではスーパーでビニール袋が有料になったり、ならなかったりとかウロウロしていますが、その点、ニュージーランドのスーパーで既に有料化されています。

そういう意味でも日本が学ぶべきことがあるのではないでしょうか。

そこで、今回は「ビニール袋の有料化による影響 in NZ」についてご紹介します。

ビニール袋の有料化による影響 in NZ

ゴミ袋

ニュージーランドのビニール袋事情

実は、ニュージーランドでは完全にビニール袋の配布が廃止になっているわけではなく、ビニール袋の種類によって禁止されていない場合があります。

 

例えば、取っ手がついているビニール袋は厚さが〇ミクロン以上ならOK!とか、取っ手がないと禁止!とか、すごく細かい規定ができています。

 

そのため、多くの店舗では細かい規定に従うよりも、有料で紙の袋にしたり、エコバックを販売しているところがほとんどです。

 

お店で買い物をしても、袋いる?いるなら有料だけど!という対応も多く、カバンをもっていたら聞かれないこともしばしば。

ビニール袋がなくなることの問題点

ビニール袋がもらえなくなると困るのが、ゴミの片付け。生ごみとかゴミ箱にそのまま入れることができないのでビニール袋があれば助かりますよね。

 

これがもらえなくなると、やはりビニール袋を購入するしかないわけです。

 

ニュージーランドのゴミの捨て方は、大きな容器にゴミを入れて指定した場所に置いておくと回収してくれます。日本では大きな袋に入れて一か所に集めておいてありますよね。

 

夏場とか生ごみを大きな袋に入れておくわけにはいかないので、どうしても小さいビニール袋が必要になってきます。

 

ビニール袋は安いとはいえ、いままで無料だったので買うのに躊躇してしまいますね。これも考え方を変えないといけない時代になっています。

 

エコバックが売れる時代がやってきた

ゴミはともかく、買い物をするときにはエコバックを持つのが当たり前になってきています。

 

エコバックといっても素材やら柄などがいろいろとあるので、今後は「エコバックの人気ランキング」とかが流行りそうですね。

 

エコバック選びの個性も大事になりそうです。

まとめ

日本もビニール袋が使えないようになってきています。それは時代の流れとして仕方ないのかもしれませんが、逆にエコバックで個性を出せる時代ということもできます。

 

ニュージーランドは先にビニール袋の配布禁止が法制化されているので、それに学ぶ点はいくつかありますし、ビジネスチャンスも出てくるような気がします。

 

ただ、まだ法制化されたといっても猶予期間が設けられているので、無料でビニール袋を配布しているところもあるそうです。