海外移住コラム

【ガッテン】海外在住者も必見!虫歯のリスクが激減する歯磨きの方法とは?

海外生活で気を付けたいのが、虫歯にならないようにすること。

一般的に保険がきかないので、治療費が高額になりがちです。そんなことを心配していると、2019年5月8日のNHK「ガッテン!」で紹介されていた虫歯のリスクが激減する歯磨きのやり方が参考になると思ったのでご紹介しておきます。

今回は、「ガッテンから学ぶ虫歯のリスクが激減する歯磨きの方法とは?」です。

ガッテンから学ぶ虫歯のリスクが激減する歯磨きの方法とは?

歯ブラシ

スェーデンの歯磨き法「イエテボリ・テクニック」

番組の中で紹介されていたのは、スェーデンの歯磨き法「イエテボリ・テクニック」です。フッ素効果を最大限に生かす方法です。

 

スェーデンで国の虫歯率が激減したという方法は、イエテボリ大学が考案したので、その名前がついています。

 

毎日、歯を磨いているのに虫歯になるという方に試して欲しいのが、歯磨き粉の使い方を変えること。

 

そもそも虫歯というのは、歯に歯垢がたまってミュータント菌などの悪い菌が増え、その菌が酸を出して歯を溶かすことで起こります。それをフッ素が歯をコーティングすることで歯を酸から守る働きがあります。

 

それでは、具体的な方法をご紹介しましょう。

 

イエテボリ・テクニックのやり方

イエテボリ・テクニックの歯磨き法は、歯を磨いた後に水でゆすがずそのままにするのがポイントです。ただし、今回、対象になるのは12歳以上になります。

 

フッ素が口の中に残るようにすることで、虫歯を予防できるとされています。

 

実は私も歯を磨いた後に、少しだけゆすいで口の中に少しだけ歯磨き粉を残すようにしています。でも、ちょっと気持ち悪いという方もいるかもしれませんね。

 

その他にも、歯磨き粉はたっぷりつけ(2cm)、歯磨きを1日2回行うのが理想的です。

 

今回のポイント!

・12歳未満は対象となっていない。

・歯磨き粉はたっぷりつけ(2cm)、歯磨きを1日2回行う。

・歯磨き後は口をゆすがないか、水で1~2回少量でゆすぐだけ。

・歯磨き後は30分~1時間は食べ物を食べない。

 

虫歯・歯周病予防に効果的な方法

番組ではその他に虫歯・歯周病予防に効果的な方法として「プロケア」が紹介されていました。

 

これは、スェーデンの国家資格を持つ歯科衛生士が、歯や歯茎の状態から歯磨きの癖を見抜いて、その人にあった歯磨き粉や歯磨きの方法をおすすめしてくれるそうです。

 

どうしても自分では落とせない歯周ポケットなどのゴミを取り除くことができます。この歯周ポケットにたまったものが歯周病の原因となります。さらに、歯の表面を特殊な器具で磨くことで歯垢がつきにくくなります。

 

これは私も1年に1回、日本に一時帰国した際に歯医者さんで虫歯チェックとともに歯石取りをしてもらっています。国民健康保険を使うと3,000円~6,000円程かかりますが、歯は一生ものなので大切にしたいですよね。

 

歯科衛生士さんが虫歯にならないように気を付けていることは?

番組内で全国の歯科衛生士さん1000人にアンケートをとった結果、以下となりました。

第3位:歯ブラシ以外の道具を使う(歯間ブラシなど)。

第2位:歯ブラシで隅々まで丁寧に磨く。

第1位:定期的なプロケア。

当たり前といえば当たり前ですが、プロケアという考え方はとても大事だということがわかりますね。

まとめ

昔は番組名が「試してガッテン!」だった気がするのですが、いつの間にか「ガッテン!」に変わっているようです。

 

ともかく、歯磨き粉の使い方で虫歯のリスクを激減させることができるのであれば、海外生活も安心してできそうですね。海外での歯の治療を受けることを考えれば、毎日実践する価値がありますね。