海外移住のはじめかた

【実体験】普通のサラリーマンが31才以上で海外移住を目指す方法

「30代なんだけど、今からでも海外移住はできるのだろうか?」

 

私は30代半ばで10年間勤めた製薬会社を退職して、ニュージーランドに移住し5年が過ぎようとしています。

 

その当時は手に職があったわけではなく、普通の営業サラリーマンとして働いていただけだったので、今思えばよく移住できたなぁと思っています。

 

そこで、今回は「普通のサラリーマンが31才以上で海外移住を目指す方法」をご紹介します。

【実体験】普通のサラリーマンが31才以上で海外移住を目指す方法

30才以下が海外移住を実現しやすい理由

ニュージーランドに限らず、オーストラリアやカナダなどでは30才まではワーキングホリデーという制度があり、基本的に1年を働きながら海外生活ができる特権があります。

 

この特権は何がすごいかというと、「職場に縛られずに働くことができる」ところです。一般的なワークビザは職場からビザをサポートされているので、他の新しい仕事に移る場合は改めてその職場からビザをサポートしてもらわなくてはいけません。

 

それがワーキングホリデービザであれば、職場は関係なく自由に働く場所を選べるというメリットがあります。ニュージーランドでは、海外移住を実現されている方のなかにはワーキングホリデーからワークビザにつなげて永住権を取得する流れが一番スムーズです。

 

そのため、30才以下であれば対象の国が限られますが、ワーキングホリデービザを使えるかどうかをまず検討するのがベストです。

 

では、31才以上であればどのようにすればいいのでしょうか?

 

31才以上で海外移住を実現する方法

31才以上で海外移住を実現するときに問題になるのが、「その国で働けるビザがない」こと。これをどのようにクリアするかが最初の問題です。

では、どのような方法が考えられるのでしょうか。

・日本から現地国のジョブオファーを受ける。

・現地国の学校を卒業してワークビザを取得する。

・ワークビザや永住権を持っているパートナーを見つける。

以上の方法が考えられるのですが、それぞれを詳しく説明すると・・・

日本から現地国のジョブオファーを受ける

もし、自分に手に技術や素晴らしい経験があれば日本から海外就職を目指すこともできたかもしれません。発展途中のアジア圏では、日本から応募できる仕事があったりします。海外就職のサイトなどがありますよね。

 

これが例えば、プログラマーなどのウェブ系などでの専門的な技術があれば、それをアピールすることでアジア圏以外でも仕事が見つかる可能性があります。そのためには日本でのスキルや経験がとても重要になっていきます。

 

手に職を持っていれば、現地国に下見をかねて渡航して仕事を応募しておくことも検討してみてもいいかもしれません。

 

現地国の学校を卒業してワークビザを取得する

現地国で働くことができるビザを取得する方法として一般的なのは、その国の学校を卒業してワークビザを取ることです。ニュージーランドの場合は、このワークビザはオープンワークと呼ばれ、基本的に1年間好きな仕事に就けるビザです。

 

オープンワークビザはどこでも働くことができますが、その卒業した学校のスキルにあった仕事を選んだ方が永住権が申請しやすくなるということはあります。

 

ただ、どの学校でもオープンワークが取得できるわけではなく、レベルなどによっても異なるので事前の確認が必要です。その場合は現地の留学センターなどで紹介してもらうのをおすすめします。

 

ワークビザや永住権を持っているパートナーを見つける

海外移住を実現されている方には、偶然、現地国でワークビザや永住権を持っているパートナーを見つけてパートナービザをサポートしてもらったケースは数多くあります。

 

ニュージーランドでは必ずサポートしてもらえるわけではありませんが、結婚していない場合でもサポートを受けることが可能です。

 

海外移住のためにワークビザや永住権を持っているパートナーを見つけるのは、かなりリスクがある方法で運任せが強いのでおすすめはしませんが、方法論としてはなくないという感じですね。

【実体験】私が31才以上で海外移住ができた理由

では、私の場合はどのようにワークビザにつなげたかというと、パートナーと協力してワークビザを取りました。

 

まず最初にパートナーがニュージーランドに渡航してシェフの学校に通い、その間は私は日本から資金のサポートをしました。

 

その後、パートナーが学校を卒業すると1年間有効のワークビザがもらえることができるので、そのワークビザのパートナーとして、私がパートナービザをもらったあとに渡航し仕事を見つけ、その職場からワークビザをサポートしてもらいました。

 

現在、パートナーはシェフを辞めて私のワークビザのパートナーとしてビザをサポートしています。海外移住を計画してから2年ほどが経過していますね。

 

31才以上でいきなり海外で働けるビザをもらうのは難しいので、パートナーと協力してワークビザに結び付けることができました。

 

まとめ

パートナービザで渡航して仕事が見つからなければ(ワークビザをサポートしてくれなければ)、そのまま帰国して再就職することになっていたので運が良かったといえます。子どもがいればまた違った方法を考えていたかもしれません。

ただ、最初に働けるビザがなければ海外生活すら始まらなかったので、海外永住を目指しているのであれば最初にどのようにワークビザを取得するかが海外移住のポイントですね。