海外移住コラム

【費用】ニュージーランドに海外移住するのにいくらかかる?

費用

「海外移住をするのに費用はどのくらいかかりますか?」とたまに聞かれることがありますが、ちょっと漠然としすぎて回答に困ってしまいます。

 

というのも、海外移住といってもワーホリや留学、家族で移住など様々なスタイルがあるからです。

 

ただ、どの海外移住スタイルでも最低限かかる費用を見積もっておくのが最初のステップ。

 

そこで、今回は「海外移住をするのに費用はどのくらいかかるの?」をご紹介します。

海外移住をするのに費用はどのくらいかかりますか?

費用

結論:ビザ取得代+往復航空チケット+3か月分の生活費

結論は、「最低限必要なのはビザ取得代+往復航空チケット+3か月分の生活費」が目安です。

 

海外移住のスタイルにもよりますが、基本的に現地で仕事を見つけることが前提であれば、「1年分の生活費を貯めてから」よりも、現地で仕事を見つけて生活費を稼ぐ方が早いです。

 

ただ、海外移住のスタイルによって必要な費用は違ってきます。

 

ワーキングホリデーの費用

ワーホリの場合は最初から仕事探しができるので、上記の費用に加えて「保険代」がかかるぐらいです。入国後に数か月語学学校に通うのであれば、その分の学費や生活費がかかりますね。

 

例えば、ニュージーランドの場合はビザ代(健康診断費や保険代含む)で約25万円、年渡航費が往復で約10万円、3か月の生活費(家賃含む)が約50万円で、合計で約85万円でしょうか。最初の3か月分の生活費は、ビザ申請時に資金証明が必要なので最低限の費用です。

 

ニュージーランドの場合はシェアハウスを借りることが多いので、家賃はその分抑えることができます。海外渡航してすぐはホテルやバッパーに宿泊すれば上乗せが必要ですね。

 

ニュージーランドの生活費はというと、基本的に物価が高いので食品や家賃も高いですが、最低時給も高いので意外と何とかなります。買いたいものがあっても高い上に質が良くないものも多いので、買い物でお金をたくさん使うということは少ないと思いますよ。

 

留学の費用

語学学校、専門学校、大学など留学の種類によっても大きく費用が変わりますが、海外移住のための費用で大半を占めるのが学費でしょう。

 

例えば、ニュージーランドなら語学学校に3か月間通う学費はフルタイムと呼ばれる昼間に勉強すると約60万円~80万円かかります。もちろん、その間の生活費はかかるので、蓄えを用意しておくか、授業後や土日で働くことが必要となりますね。

 

どのぐらい学費がかかるかは、日本から問い合わせができるエージェント会社もありますし、長期滞在を考えているのであれば下見旅行で現地情報を確認するのがおすすめ。日本で申し込む場合と比べて費用が高めに設定されていることやキャンペーンなどもあるからです。

 

家族移住の費用

家族で移住する場合は、いろいろと費用がかさんでくるでしょう。子どもの学費や海外引っ越し費用、家族全員分のビザ代や生活費などなど。これは家族の人数や構成によっても大きく違ってくるところです。

 

ニュージーランドへ家族で移住する場合の大きな問題は「住まい」でしょうか。一人暮らしと違ってシェアで住むのは難しいので一軒家を借りることが多いでしょう。そうなると家賃が高くなってしまいがち。いきなり生活費の多くを家賃を占めてしまうのは困ることになります。

 

もし家族移住を考えていて費用が心配ならば、片親だけが先に渡航して生活基盤を築いてから残りの家族を呼び寄せる方がいいでしょう。現地でいきなり全てをはじめからやるよりは様々なリスクが避けることができます。

 

一人で海外移住をするのならば多少はどうにかなるという意識でも大丈夫だと思いますが、家族同伴となるとそうもいかなくなりますよね。ただ、心配ばかりしすぎて海外移住のタイミングを逃してしまうことにもなりかねないのを念頭に置いておきましょう。

 

まとめ

その他にも、さまざまな海外移住スタイルがありますが、最低限かかる費用を考えて海外移住の費用を見積もりましょう。資金を貯めてから移住をしようと思っていると、モチベーションも低くなって行動が起こしにくくなります。海外移住ができるかどうかは「何とかなるさ精神」が大切かもしれません。