一時帰国

【体験談】一時帰国でWIFIルーターをレンタルしてみた!価格は?設定方法は?

WIFIルーターをレンタルするのは価格も高いんじゃないの?設定は面倒でしょ?と言われることがあります。

 

そのため、一時帰国でインターネットが使えないからどうしようかと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

でも、私は迷わず、WIFIルーターをレンタルしています

 

ネットが使えれば電話が通じなくても、LINEやFACEBOOKなんかで連絡が取れるので困らないですから。そこで、今回は「実際にWIFIルーターをレンタルしてみた感想」をご紹介します。

 

一時帰国でWIFIルーターをレンタルする理由

ルーター

一時帰国したらネットが使えないからです。

 

単純な理由ですが、ネットがないと連絡もままならないので借りるしかないと思っています。

 

最近のWIFIルーターサービスは、空港で受け取るか郵便で宅配して手元に届いたらすぐ使える状態になっているので、日本に到着して受け取ればすぐに使うことができます。充電はされているので、先に充電をする必要もありません。

 

支払いも事前に済ませてあるので、すごく便利です。

 

WIFIルーターをレンタルするメリット

・空港に到着してすぐに使うこともできる
・使うデータ量を選べる
・郵送もできるので自宅でも受け取れる
・モバイルなので持ち運びができる

 

事前にレンタル申し込みしているので、受け取り時には特に手続きはいりません。サインをするだけですね。

 

使うデータ量も申し込み時に選ぶことができるので、使いたいデータ量に応じてプランを選べばいいでしょう。機種によるデータ送信スピードは、特殊な使い方をしなければ変わらないと思っているのでデータ量だけで決めています。

 

郵送もできるので、自宅やホテルなどに届けてもらうこともできますね。ホテルに届けてもらう場合は、事前にホテルに説明しておいたほうがいいでしょう。

 

モバイルなので持ち運びができるのも大きなメリットですね。移動中に連絡とかしたい場合や、PCでネットを見たいときには便利です。充電時間も長いので、フル充電をしておければ大概の移動時間は問題ないでしょう。

 

WIFIルーターをレンタルするデメリット

・レンタル料金が高い
・データ量に制限がある場合も
・どのプランにするか選ぶのに悩む

 

一番のデメリットとしては、やはりレンタル料が高いこと。

 

今回、無制限データ量プラン2週間で約7,500円もかかってしまいました。実際には1,200円引きの特典を使ったので、実際には6,300円程ですね。これには受け取り時や返却時の手数料も含まれています。

 

WIFIルーターのサービス会社によると、無制限プランや10Gプラン、5Gプランといったプランに応じて料金が違うので悩んでしまいました。家族や友人との連絡だけであれば5Gぐらいでも大丈夫なのかと思いますが、それでも5,000円以上はかかる覚悟が必要です。

 

ネットを使うということであれば、SIMカードを購入するという方法もありますが、料金もそれほど変わらないのでWIFIルーターをレンタルすることを断然おすすめします。意外とSIMカードもデータ量が制限されている上に料金も高かったりします。

 

WIFIルーターの設定方法と使い方

WIFIルータの使い方は、とても簡単。

 

届いたモバイルルーターの電源を入れて、無線WIFIをひろって本体に記載されているパスワードをPCやスマホに入力するだけです。これだけです。説明書をわざわざ読まなくても設定はできると思いますよ。

 

WIFIルーターをレンタルするときの注意点

・補償やオプションをつけるかどうかを検討する
・申し込みは数日前までしかできない
・返却し忘れないようにする

 

WIFIルーターを申し込む際に色々な補償やオプションをつけることを検討してください。本体の紛失や破損などに応じて補償が受けられたり、モバイルバッテリーなどのオプションをつけることもできます。

 

特に注意したほうがいいのが、申し込み期限があることと、現地国に帰国する前に返却し忘れないようにするということでしょうか。

 

日本に一時帰国ぎりぎりになって申し込みしても帰国日には間に合わないこともあるので、早めに申し込みをしておくほうが賢明です。返却も余裕をもっておかないと帰国のバタバタで忘れてしまわないようにしないといけません。

まとめ

一時帰国でネットが使えないのは致命的です。そのためには、料金がかかったとしてもWIFIルーターをレンタルするのが一番のおすすめです。