【体験談】一時帰国で便利なWIFIルーターのレンタルおすすめサービス

一時帰国で困るがインターネットが使えないこと。LineやFacebookなどで連絡したり、ネットで買い物をするのに欠かせないですよね。

その際に便利なのWIFIルーターのレンタルサービス。持ち運びもできるので、家の中はもちろん移動中や外出先でも使えます。

ポケットWIFIルーターをレンタルできる会社はいくつかありますが、おすすめのサービスがWIFIレンタルどっとこむです。

今回は、「【WIFIレンタルどっとこむ】をオススメする理由」をご紹介します。

「Wifiレンタルどっとこむ」の特徴

選んだ理由は、無制限データプランがあったから

レンタル料としては、他のサービス会社と比べてもそれほど大きくは違っていません。あとは評判とかを見て、WIFIレンタルどっとこむに毎回しています。

特徴としては・・・

・①ポケットWIFIの受取・返却方法が選べる!
・②利用可能データ量で選べるプランが豊富!
・③ポケットWIFIレンタル料金が安い!

①ポケットWIFIの受取・返却方法が選べる!

空港カウンターや宅配での受取・返却も可能です。

日本に帰国してすぐにインターネットを使いたい時には、空港カウンターで受け取るのが便利。現地に戻るときには、帰りに空港カウンターで返却するか郵送なので便利です。

但し、どちらにしてもレンタル料とは別に発送料・受取手数料として約550円がかかるので注意が必要です。

②利用可能データ量で選べるプランが豊富!

「Wifiレンタルどっとこむ」では、利用したいデータ量によって機種が選ぶことができます。選択肢も豊富で、5Gや10G、さらに無制限プランもあります。

動画などを頻繁にみる方は無制限が便利で、逆に、動画は見ないのでウェブ閲覧やメールなどのやりとりだけでいいという方は長期レンタルでオトクなデータ量制限プランがおすすめ。

③ポケットWIFIレンタル料金が妥当

ポケットWIFIレンタルプランが豊富で、データ量によっても料金が異なりますが、例えば、今回、無制限データプランで19日レンタルすると約7,500円でした。他のサービス会社と比べても特に安いとか高いとかというのはありません。

WIFIルーターの受け取り方(成田空港第1ターミナル)

今回はAirNZで帰国したので、成田空港第1ターミナルで受け取り、返却は郵送にしておきました。受け取りは名前を伝えて、受け取りのサインをするだけ。返却方法は事前に選択ができ郵送にしておきました。帰国日に慌てて返却しに行かなくていいのと、郵便ポストは空港には置かれているので便利です。

WIFIルーターの設定方法

WIFIルーターの設定はとても簡単。本体機種に記載されているSSID番号を無線WIFIで探して、PASSを入力するだけで完了です。ルーター自体をいじる必要もありません。

WIFIルーターで使用したデータ量は?

WIFIルーターの画面に現在のデータ使用量が表示されています。機種によって多少は違うかと思いますが、基本的にデータ量が表示されています。

使えるデータ量ですが、今回は無制限データプランだったのであまり気にしていませんが、動画などをよく見る方は無制限データがおすすめです。意外とすぐにデータを使ってしまいがちですね。

ただし、1日に10G以上のデータ量を使うと不正なダウンロードをしていると判定されて、通信スピードが遅くなる場合もあるそうです。

まとめ

「Wifiレンタルどっとこむ」は、使用可能なデータ量やレンタル日数にあわせて選べる機種が豊富でおすすめです。

【今回、コラムで紹介したサービス】
【Wifiレンタルどっとこむ】

スポンサーリンク