NZライフ

【実例あり】ニュージーランドでは転職活動や仕事探しでリファレンスが重要

職務経歴書
ニュージーランドで就職活動やアルバイトを考えている人向け

「ニュージーランドで募集した会社からリファレンスが必要と言われたんだけど、何でしょうか?必要なの?」

こういった疑問に答えます。

 本コラムの内容

・リファレンスとは?

・リファレンスで何を見られる?

・【実例】転職した部下の応募した会社から人づてに連絡がきました

転職活動やアルバイトを探していると、特に海外の企業で多いのが「リファレンス」を求められること。日本ではリファレンスには馴染みがないかもしれませんが、ニュージーランドではとても重要視されています。

そこで、今回は「【実例あり】海外では転職活動や仕事探しでリファレンスが重要」をご紹介します。

海外では転職活動や仕事探しでリファレンスが重要

ニュージーランドでは、リファレンスを甘く見てはいけません。

リファレンスとは?

リファレンスとは、応募者の前職での実績や勤務状況に偽りがないかを前職の人に確認をすること。実際には仕事経験がなければ学校の先生、前職があれば上司に仕事の内容や仕事ぶりをレターにして出してもらうことです。

目的は本当にその会社で働いていたのかや仕事ぶりを確認するものですが、実は転職に限らず、ワークビザやパートナービザなどを申請する際にも記入する欄がある重要な項目です。

リファレンスで何を見られる?

応募先の企業は、その人がどのような人物であるのか働きぶりはどうなのかをリファレンス先に連絡して確認することができます。

だいたいは前の(もしくは現在働いている)職場の上司などにお願いすることになりますが、円満退職でなければ頼みづらいし、日本人には慣れない仕組みです。特に、日本では個人情報の問題もあるので一般的ではありませんよね。

履歴書だけ見ると素晴らしい人物でも、リファレンス先に問い合わせたところ、遅刻も多いし不満ばかりで雇わないほうがいいと決断したという話も。

雇用主は必ずしもリファレンス先に人物照会をするわけではないので、その人はきっと連絡することはないだろうと高をくくっていたのかもしれませんね。

【実例】転職した部下の応募した会社から人づてに連絡がきました

実際に私が前に勤めていた会社の部下が転職するために応募した雇用主から人づてに働きぶりを教えて欲しいと連絡がありました。その部下にリファレンスを頼まれたわけではないですが、私を知っている人が雇用主の知り合いで人づてで連絡きました。

ニュージーランドでは日本人の数も限られているので、小さな町であればみんな知り合いのように知られていることがあります。オークランドよりもクィーズタウンのような地方ではよくあることです。

連絡では「その人の働きぶりはどうだったか」を教えて欲しいという内容でした。実は、その応募者とは連絡を取り合っている仲だったので、事実を伝えて晴れて転職することができました。もちろん、その応募者に連絡がきたことを伝えたら驚いていました。

その後、応募者が雇用主から私がどのような内容を伝えたかを聞いたらしく、リファレンスで連絡があってもうかつなことは言えない…と思いました。こういう社会はあまり好きになれませんね。

それでもニュージーランドではリファレンスが重要

リファレンスは必ずしも採用の際に考慮されるかは雇用主の考え方次第ですが、小さい会社ほど人材の採用には気を使います。より好ましい人材を獲得するために、その応募者のことを知りたいというは当たり前のことです。

日本ではリフレァンスの文化がないので、おろそかにしがちになったり面倒ですが、国が変わればルールも変わるということで慣れるしかありません。