海外移住コラム

【ニキビ対策】メンタリストDaiGoさんもおすすめするティーツリーオイルとは?

オイル
ニキビの解消や予防、ニキビ跡を消したい思っている人向け

最近、メンタリストDaiGoさんのYoutube動画で「肌荒れ・ニキビに効く【1000円台スキンケアオイル】」というテーマで「ティーツリーオイル」をおすすめしていました。

出典:ニキビに効く【1000円台スキンケアオイル】

DaiGoさんは研究の論文をもとに科学的根拠のある情報を提供しているので、MR(医薬情報提供者)の私としても興味があります。この動画のなかでティーツリーオイルは臨床研究でニキビに効くことを紹介されていました。

 本コラムの内容

・ティーツリーオイルがニキビに効く理由

・ティーツリーオイルの使い方

・ティーツリーオイルはどこで買える?

ティーツリーオイルはオーストラリアで作られているオイルで、現在、私が生活しているニュージーランドでも簡単に手に入れることができます。

ニュージーランドの場合は、蜂蜜でおなじみのマヌカハニーの木から採れたマヌカハニーオイルが有名です。どちらも高い殺菌作用があることで知られています。

 

 ティーツリーオイルとは?

そもそも、ティーツリーオイルとは、ティーツリーという植物の葉を凝縮して作られたオイルです。ティーとつきますが、お茶とは関係はありません。

アロマテラピーにおいても欠かすことができない精油として人気を集めていますが、アロマ以外にも様々な場面で使うことができ、いろんな効能を持っていることでも注目されています。

そこで、今回は「【ニキビ対策】メンタリストDaiGoさんもおすすめするティーツリーオイルとは?」をご紹介します。

【肌荒れニキビ対策】ティーツリーオイルとは?

ティーツリーオイル
ティーツリーオイルは殺菌作用や抗炎症作用のあるオイルです。

ティーツリーオイルがニキビに効く理由

オーストラリアではティーツリーオイルを痒み止めや、ちょっとした怪我や擦り傷の消毒や治療に利用している家庭が多く見られます。これは、高い抗菌・抗真菌作用に優れているので、水虫や傷、化膿した傷に役立つとされています。これがニキビに効く理由です。

ニュージーランドのマヌカオイルも同じような目的で使われていますね。マヌカオイルもティーツリーオイルと呼ばれることがありますが、実際はオーストラリアのティーツリーオイルとは成分が違っています。

ティーツリーオイルやマヌカオイルは、大昔から「万能のオイル」として使われていた経緯があり、現在では世界でも注目されています。

ティーツリーオイルの使い方

動画のなかで紹介されていたのは、ティーツリーオイルが入ったクリームでしたが、オイルをそのまま使用することもできます。使用する際は精油されたオイルのままでは刺激が強すぎるかもしれないので、最初は水などで希釈しておきましょう。

濃度は5~15%がいいとされているので、最初は5%ぐらい(水で湿らせた綿棒にオイルを1滴たらすぐらい)からはじめるのがおすすめです。肌の体質が合わないこともあるので、早く治したいからといって、いきなり高濃度のティーツリーオイルを使うのはやめましょう。

ティーツリーオイルはどこで買える?

ティーツリーオイルはニュージーランドのスーパーで普通に市販されていますが、日本ではAmazonなどショッピングサイトで購入することができます。値段もそれほど高くないので、ニキビに限らず肌にトラブルを持っている人は使ってみることをおすすめします。

アレルギーなどで肌に悪い影響を与える可能性もあるので、症状が出たらすぐに使用を中止しましょう。ただ、医薬品ではない自然の成分で作れているので比較的安心して使うことができますね。

肌荒れニキビ対策にティーツリーオイルがおすすめ

私もティーツリーオイルは常備してあって、傷だけに限らず、肌のかゆみや赤く炎症した際にはつけるようにしています。様々な効果があるとされるティーツリーオイルですが、アロマとして使うことで心身もリフレッシュできる優れたオイルなんです。