海外移住コラム

いま、そこにある危機。海外に居住しているから分かるトラブルとその対応法、海外邦人事件簿より。

こんなはずじゃなかった?!海外に行くと予想もしていなかったトラブルに巻き込まれることがあります。これから海外旅行に行かれる方にも知っておいて欲しい海外で起こったトラブル事例。海外邦人事件簿からトラブル事例をピックアップしてみました。

 

credit: taxibus_5538 via photopin (license)

 

1.ニュージーランドで実際に出会ったトラブル

ここニュージーランドに移住して、早2年半ですが、いろいろなトラブルがありました。大きいところでは、車が丸ごと盗難されたり、貸家に強盗が入ったり、治安が良いとされているニュージーランドでも、この手のトラブルは結構あります。

 

その中でも多いのが、タクシー料金のぼったくり。メーター制なのにメーターを動かさず、到着してから高額なタクシー料金を要求するドライバーもちょくちょくいます。これはニュージーランドに限らないことですが、タクシーに乗り込んだら、メーターが作動しているか確認しましょう。

 

2.海外邦人事件簿より「トラブルあるある」

外務省のWebサイトで公開している海外邦人事件簿より、有り得そうだなと思える「トラブルあるある」をピックアップしてみました。

 

クレジットカードの不正使用にご注意を!

 

旅先で入院したら医療費が嵩む

 

食の安全なくしては旅の安全なし!

 

日本語で話しかけられたら要注意!

 

置き引きにご用心

 

観光地でのぼったくり

 

日本人を陥れる日本人

 

職務質問、所持品検査のフリをして

 

3.海外移住者が語る海外でのトラブル対処法

不幸にも海外でトラブルに遭ってしまったら対応するしかないのですが、トラブルに遭ったときの準備を考えておくことが大切です。個人的にトラブルが起こったときのために準備していることをお伝えします。

 

1.パスポートのコピーを取っておく

海外でパスポートは肌身離さずが基本ですが、現地で生活していると常に携帯しているわけにもいきません。ただ身分証明書がないと色々と不都合が出ることがあるので、パスポートのコピーを持っておくと安心です。

 

2.緊急連絡先をメモしておく

トラブル対応の基本ですが、現地の警察や救急、領事館や大使館、そして日本の緊急連絡先をメモしておくと良いでしょう。

 

3.クレジットカードは2枚以上、持っておく

1枚が何かの事情でカード磁気が使えなくなったり、暗証番号を間違うとカードがロックされることが起こります。もう1枚、別の会社のクレジットカードを持っていると安心。できれば、VISAかMASTERカードは1枚以上持っておくと海外のほとんどの国で使用できます。

 

4.クレジットカードは分けて持ち歩く

通常はクレジットカードを財布に入れていると思いますが、を落としてしまうとカードをすぐに再発行することができません。そのため財布に1枚以上と、別のところに1枚保管しておくことをオススメします。

 

5.クレジットカードごと、カードを丸まるごとコピーしておく

クレジットカードを盗難や紛失した場合に、カードの不正使用を止める必要があります。その際、カード番号や連絡先をメモしておくと処理がスムーズです。もちろん、番号が分からない場合でも、通常は名前などで検索してくれます。カードごとコピーしておくと簡単です。