海外就職・海外転職

【海外で働く】海外で保育士の仕事は見つけやすい?

海外で保育士
海外で保育士として働きたい人向け。

「海外で保育士として働いてみたい。仕事はみつけやすいのかな。ニュージーランドでは、どうやって仕事を見つければいいんだろう。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、海外移住FPです。
当サイトでは、ブログを書きつつ海外移住の手続きやコツを紹介しています。

最近、海外で保育の仕事をしたい!という人が増えているそうです。国や地域によっては永住権まで目指せる仕事として人気です。ただ、海外で保育士として仕事を見つけるにはどうすればいいでしょうか?

このコラムでは、「海外で保育士として働くのに何が必要か」や「海外で保育士の仕事は見つける方法」が分かります。

そこで、今回は「【海外就職】海外で保育士の仕事は見つけやすい?」をご紹介します。

【海外就職】海外で保育士の仕事は見つけやすい?

海外で保育士としての需要はあるが、就職競争もある。

どの国でも保育士が足りないと言われているので、需要はあります。ただ、保育士の資格を持って海外渡航をしている人も多く、保育士として働くには就職競争に勝ち抜く必要があります。

  • 海外で保育士として働くには
  • 海外で保育士の仕事は見つけやすい?
  • 海外で保育士の仕事を見つけるには

海外で保育士として働くには

保育士に限らず、海外で働くにはワークビザが必要です。ビザの種類には色々あり、雇用先からワークビザをサポートしてもうことや、パートナービザやワーホリビザで働くことができます。

いきなり保育士としてワークビザを雇用先からサポートしてもらうのは、何かしらのコネや紹介がなければ難しいので、まずは現地国で働けるビザを持っているかが重要になります。

その次に、日本の保育士資格が海外で通用する資格かどうかですが、国や地域によっては違うので事前に確認しておきましょう。

例えばカナダの場合、日本の保育士免許をカナダで書き換えることによって、保育士として勤務することが可能になります。

ただ、必ずしも保育士の資格が必要ではない場合もあるので諦めずに情報収集することが大切です。

海外で保育士の仕事は見つけやすい?

最近、ニュージーランドで現役保育士として小学校で働いてる方が、オークランドでセミナーを開催されていました。

実際に参加した日本で保育士をされていた方に聞くと、セミナーへの参加者は約40名と多く、保育士資格を持っていない人も参加されていたそうです。

それだけ保育士として働きたい方が多いのも事実なので、ニュージーランドでは日本の保育士資格があるからといって仕事が見つけやすいというわけではないようです。

ニュージーランドの保育事情を知りたい人は下記のKindle版がおすすめです。Kindle Unlimitedなら無料で読むことができます。

海外で保育士の仕事を見つけるには

海外で保育士としての仕事を見つけるには、現地の求人サイトで探す以外にも「保育コミュニティのFacebookに登録する」・「コネや紹介を探す」などがあります。

海外では日本のように求人情報が常に出ているわけではなく、コネや紹介が大事。

特にニュージーランドでは、人口も少ないので働ける場所も限られています。そのため、わざわざ求人を出さずに、コネや紹介だけで就職が決まることがあります。

簡単にコネや紹介を得られるわけではないので、やはり保育コミュニティやセミナーなどに参加して情報取集するしかありません。日本と違って積極的にアプローチしていかないといけないということですね。

また、保育の場合は子どもに接する仕事なので「無犯罪証明書」が基本的に必要になります。ワーホリで他の国に滞在している場合は、その国の無犯罪証明も必要になるので注意しましょう。

【実例あり】海外移住で必要になる無犯罪証明書とは【間に合わない時どうする?】 永住権やビザの申請で無犯罪証明書が必要になった人向け。 「ワークビザを申請するために無犯罪証明書が必要なんだけど、無犯罪証明書...

日本では仕事を見つけやすいので、海外で挑戦するのもあり!

日本で保育士は就職に困らない仕事の一つとしてとして需要があるので、海外で保育士として働く挑戦がしやすいメリットがあります。

さらに、給料も日本で保育士するより倍近くなるという話もあるので、子供に関わると言う意味で言うと日本で保育士をやっているのと変わりません。