海外就職・海外転職

【朗報】海外移住で日本語のみの仕事はあるの?【日系の会社で働けばOK】

日本語のみ
語学力がないから海外移住ができないと思っている人向け。

「海外で仕事がしてみたいけど、英語がほとんどできないから無理かな。できれば、ほぼ日本語のみでできる仕事があれば教えて欲しい。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、海外移住FPです。
当サイトでは、ブログを書きつつ海外移住の手続きやコツを紹介しています。

海外で働くには英語などの語学力が必要と思われがちですが、意外と仕事内容によってはほぼ英語を使わなくてもいい仕事や、日本語のみでOKの仕事もあります。

このコラムでは、「海外移住で日本語のみでOKの仕事が何か」が分かります。

そこで、今回は「海外移住で日本語のみの仕事はあるの?」をご紹介します。

海外移住で日本語のみの仕事はあるの?

日系の会社で働けば、日本語のみでOK。

日系の会社での仕事内容一覧

日系企業や日本人が多く住む国や地域のサービス業であれば、英語や現地の言語が話せなくても問題ありません。逆に日本人を採用したいけれど応募が少ないので、語学不問にしている場合もあります。

それでは、日系企業での仕事例をみてみましょう。

  • 日本人観光客向けのツアーガイド
  • 日本向けのコールセンター
  • 日系企業の事務
  • レストランのシェフやウェイター
  • 日本語教師

日本人観光客向けのツアーガイド

日本人観光客向けなので、顧客対応は日本語でOK。ただ、現地のホテルへの連絡やトラブル処理などは現地の言語を使わないといけないので、ガイドの仕事でよく使うレベルの言語力があれば問題がないようです。

日本向けのコールセンター

日系の現地の会社では、資格なし日本語のみOKというところもあります。日本で事務系の仕事に慣れている人であれば比較的仕事につきやすいでしょう。主に東南アジアなどで需要があります。

日系企業の事務

経理や総務など一般的に日本での会社で必要な職種は海外の日系企業でも同じ。基本は社内のコミュニケーションだけで済むので、特別な語学力が必要ではないのが魅力です。

レストランのシェフやウェイター

レストランのシェフも使う英語力は限られているので、こちらも高度な英語力は必要とされていません。ただ、現地の外資系レストランで働く場合は顧客に対する語学力というよりもシェフ同士のコミュニケーションのために必要でしょう。

日本語教師

外国人に日本語を教える仕事なので現地語で説明する必要がありますが、日本語だけでOkの場合もあります。ただ、生徒とのコミュニケーションをとるためには語学力が必要かもしれません。

日系企業の求人の見つけ方

日系企業の求人の見つけ方は国や地域によって違いますが、ニュージーランドの場合は日本人向けのコミュニティーサイトで求人情報を手に入れることができます。

特に日本人が多く在住している国では、日本人向けの情報交換サイトが公開されていることが多いので探してみるのがおすすめです。

もし、日本からの応募する場合は、日本の求人サイトを探してみるのがおすすめです。

本当に日本語のみでいいのか?

海外では不自由な言葉を使って必死にコミュニケーションを取るよりも、日本人同士で仲良く仕事をする方が楽で居心地もいいものです。

ただ、日系で日本語を使って仕事をするのはいいのですが、将来的にそのままでいいのか?という問題があります。日本語のみの生活に慣れてしまい、語学が上達しないままになってしまう原因になります。

例えば、海外駐在員の場合は数年で日本に帰国することが一般的なので「日本語のみでOK」と考える人もいると思いますが、普通に海外生活を長く送ろうと思っているのであれば現地語の習得は欠かせません。

「海外で生活すれば、語学力は自然に身につく」と考えている方が多いかもしれませんが間違いです。外国語に触れる機会は多いですが、意外と海外で語学力がないことを実感して自分で勉強し始める人も多いのが実情です。

仮に日本語のみを使う仕事が見つかったとしても、英語あるいは現地の言語を習得したほうが生活が豊かになるのは間違いありません。別に仕事を変える必要はないので、自分で現地語の勉強を始めるなどしてみましょう。

海外でも日本語でできる仕事はあります!

海外だから英語などの現地語を話す必要があるから、海外移住は無理だなと思ってしまっていませんか?意外と日本語だけでできる仕事もありますし、仕事内容によっては高い語学力を求められるわけではありません。

もし、語学力に不安がある方は、まずは日系企業の求人を探してみることをおすすめします。