海外就職・海外転職

【海外就職】はじめて海外で仕事を見つけるのに役立つ資格とは?【ITスキルが有利です】

海外就職
海外就職をするために役立つ資格や職歴を知りたい人向け。

「海外で仕事を見つけたいけれど、日本にいる間にどんな資格や職歴があれば仕事を見つけやすいのだろう、、、海外就職に有利な資格や職歴があれば教えて欲しいな。」

こういった要望にお応えします。

こんにちは、海外移住FPです。
ブログを書きつつ、このサイトで海外移住に役立つコツを紹介しています。

>>>海外で働くために必要なものは?
海外就職ともなると一般的に労働ビザ(ワークビザ)が必要になります。このワークビザをどのように手に入れるかが重要です。

ワーキングホリデービザを有効に使ったり、海外の学校を卒業してワークビザを取得する方法があります。

日本居住のときに海外の会社からジョブオファーを受けてから渡航するのが理想ですが、多くの場合は現地で仕事を見つけてオファーをもらうことになります。

まずは、渡航先で労働ビザ(ワークビザ)が手に入れられるかを確認しましょう

ワークビザが使える、じゃあ、次にジョブオファーをもらいやすい資格にはどんなものがあるのでしょうか。

そこで、今回は「【海外就職】仕事を見つけるのに役立つ資格とは?」をご紹介します。

【海外就職】仕事を見つけるのに役立つ資格とは?

ITスキルの資格があれば就職に有利です。

英語の資格は必要なの?

海外と言えば英語の資格があれば就職しやすいと思われがちですが、例えば通訳や翻訳などの英語を専門とする仕事でなければそれほど関係はありません。

英語の資格があればスキルの証明にはなりますが、実際には面接(インタービュー)などで英語力が見られることもありますし、会社によっても求められるレベルは様々です。

海外で展開する日本企業であれば英語力はそれほど必要でない場合もあるので、求められる英語レベルか分からないまま英語の資格に時間を使うよりも仕事を見つけやすい資格を目指すほうが賢明です。

日本人経営の会社で仕事を探す

専門的な技術や知識があれば別ですが、そうでなければ初めて海外で仕事を見つける場合は日本人経営の会社で働くのも方法のひとつです。

日本人向けの現地ツアーガイドやマッサージ、エステシャン、日本語教師などがあります。

例えば、ニュージーランドで働く場合で、日本人向けサイト「nzdaisuki.com」の求人掲示板をみると、ほとんどが「シェフやフロアスタッフ」。それ以外では美容師やマッサージセラピスト、旅行会社の添乗員などが募集されることが多くなっています。

もちろん、現地のローカル企業に応募することもできますが、その場合は大工やITなどのスキルがある人、もしくは現地で専門学校や大学を卒業して就職するの場合がほとんどです。

海外就職ではITスキルが有利

海外には色々な仕事がありますが、一番有利な職種がプログラマーなどのITスキルを持っている人です。

プログラマーとまでもいかないまでもWebサイト作成やサーバー管理などでも仕事が見つけやいこともありますね。

なんと言ってもIT関連の仕事で有利なところは、どのような会社でも基本IT知識が必要だということ

もちろん、資格だけあっても経験や技術がなければ仕事が見つかないよ、という人もいると思います。

ただ、アジア圏ではまだまだIT需要が多いので、求人をしている会社も多いのも事実です。

ニュージーランドでもIT関連のジョブオファーがあれば、ワークビザだけではなく、永住権も申請しやすいというメリットがあります。