クレジットカード

【学生でも】海外で買い物や現金を引き出せる海外プリペイドカードとは?【おすすめも紹介します】

海外プリペイドカード
学生でも作れる海外プリペイドカードについて知りたい人向け。

「海外留学をしたいけど学生なのでクレジットカードが作れない。海外プリペイドカードなら、海外でカードで支払ったり現金が引きせると聞いたけど、詳しく知りたい。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、海外移住FPです。
当サイトでは、ブログを書きつつ海外移住の手続きやコツを紹介しています。

このコラムでは、「学生でも作ることができる海外プリペイドカードのメリット・デメリット」が分かります。

そこで、今回は「海外で買い物や現金を引き出せる海外プリペイドカードとは?」をご紹介します。

海外で買い物や現金を引き出せる海外プリペイドカードとは?

クレジットカードではないので学生でも作ることができます。

海外プリペイドカードとは

海外プリペイドカードは、日本の専用口座から使用した額だけを引き落とされる便利なカードです。

使い方はクレジットカードと同じで、海外プリペイドカードを海外のATMに入れて使用する感覚で現地でお金を引き出したり、お店でデビットカードとしても使用できます。

海外プリペイドカードのメリット・デメリット

メリットとしては、海外プリペイドカードはカード会社が指定する専用口座を使用するため銀行に口座が必要ありません。さらに家族が専用口座に振り込めば海外送金の代わりとしても使うことができます

また、海外プリペイドカードは事前に入金した残高限度内なので、使い過ぎを防げるのはもちろん、万が一不正利用や盗難や紛失にあった場合でも被害を最小限にできるメリットがあります。

逆に、デメリットはVISAやMASTERが設定している為替レート+4~5%に加えて、引き出し1回につき手数料がかかる、1日の利用限度額(現地通貨で10~15万円など)がある、などがあります。

マルチカレンシーカードとは

最近の海外プリペイドカードでは、マルチカレンシー機能が付属しているものが増えています。マルチカレンシーとは、複数の国の通貨を1枚のカードにチャージできること。

そのメリットは、為替レートが良いときに現地通貨に両替しておきカードにチャージしておくことで、為替変動の影響を受けずに現地で現地通貨を引き出せることです。

マルチカレンシーはどんな人が使うと便利になるとかというと、数カ国の海外旅行に行く予定がある人、仕事で海外を飛び回っている人など、そんなお金を次の国で引き続き使うことができるので無駄を省くことができます。

ただ、日本円を現地通貨で引き出したいだけという方は気にしなくても構いません

クレジットカードと海外プリペイドカードの違い

一番の違いは、信用調査が不要なので学生でも作ることができること。

普通のクレジットカードは年収などの収入に応じてカードが作成できるかどうかを判断されますが、海外プリペイドカードは口座に入っている残高分だけしか引き落とせないので、一定年齢以上であれば学生でも作ることができます。

修学旅行や語学留学、海外留学を控えた学生が持つには便利なカードです。

さらに、一般的にキャッシングは引き落とし日までに金利がかかる借金というイメージですが、このカードはデビットカードなので使った又は引き出したときにだけ手数料を支払うことになるので安心です。

社会人でも海外プリペイドカードを作っておくメリット

社会人でも海外移住や海外留学を考えている人には1枚は持っておくのをおすすめします。

理由としては、海外移住中にクレジットカードの更新ができなかったり、カードトラブルで使うことができなくなった時の予備としても使えることです。

ただし、マイナンバー制度の開始に伴い「内国税の適正な課税の確保を図るための国外送金等に係る調書の提出等に関する法律」が施行され、個人番号・氏名・住所の確認のため、お申し込みご本人様の個人番号(マイナンバー)の確認が必要となっています。

現時点で住民登録を抹消した人(日本非居住者扱い)はマイナンバーを新たに取得できないため、すでに非居住者である場合は申し込みができないので注意が必要です。

おすすめの海外プリペイドカード一覧

発行されている海外プリペイドカードをおすすめ順にランキング形式でご紹介します。作成するカードによって手数料や付属サービスが異なるので、発行する際にチェックしておきましょう。

Manepa Card(マネパカード)
FXを取り扱う証券会社マネーパートナーズが発行しているカード。6つの外貨(米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円)を1枚のカードにチャージできます。日本国内でも使用できるのが特徴。
入会・年会費 無料
年齢制限 15歳以上
為替手数料 主要通貨以外でカードを利用した場合は3%
現地ATM引出手数料 200円(海外ATMを運営する金融機関が設定した独自の利用手数料がかかることがあります)
入金手数料 無料
日本国内 使用可

マネーパートナーズに申し込む公式サイト

NEOMONEY(ネオ・マネー)
ネオ・マネーはクレディセゾンが発行している海外専用プリペイドカード。13歳以上なら審査なしで作ることができるのが特徴。入会金や年会費はもちろん無料で、口座開設も不要です。
入会・年会費 無料
年齢制限 13歳以上
為替手数料 4%
現地ATM引出手数料 200円(海外ATMを運営する金融機関が設定した独自の利用手数料がかかることがあります)
入金手数料 無料
日本国内 海外専用

NEOMONEYに申し込む公式サイト

Cash Passport Platinum(キャッシュパスポートプラチナ)
ネマ・マネーも発行しているクレディセゾンが発行する海外プリペイドカード。9つの外貨(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル)を1枚のカードにチャージ可能。
入会・年会費 無料
年齢制限 規定なし
為替手数料 4%
現地ATM引出手数料 200円(海外ATMを運営する金融機関が設定した独自の利用手数料がかかることがあります)
入金手数料 1%
日本国内 使用可

キャッシュパスポートプラチナに申し込む公式サイト

MoneyT Global(マネーティグローバル)
大手旅行会社JTBが発行する海外プリペイドカード。9つの外貨(日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドル)を1枚のカードにチャージ可。
入会・年会費 無料
年齢制限 規定なし
為替手数料 5%
現地ATM引出手数料 300円(海外ATMを運営する金融機関が設定した独自の利用手数料がかかることがあります)
入金手数料 無料
日本国内 海外専用

MoneyT Globalに申し込む公式サイト

※最終的な各種最新情報は各社の公式ホームページでご確認ください。

最後に

海外プリペイドカードは学生だけでなく、社会人でも海外旅行や海外留学を考えている人にはおすすめのカードです。