役所手続き

【回答】海外転出届は出さないほうがいい?住民票を抜くべき?海外移住FPが解説します


海外移住で海外転出届を出そうかどうか迷っている人向け。

「住民票を抜くこうかどうか悩んでいます。抜かないデメリットは何かな?手続きで必要なものや書類があれば教えて欲しい。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、海外移住FPです。
当サイトでは、ブログを書きつつ海外移住の手続きやコツを紹介しています。

海外移住をするのにあたって悩むのが、住民票を残すかどうか。原則として、1年以上を海外で生活する場合には届け出を出すことが可能です。ただ、義務ではないので、住民票を残した海外居住をしている人も多いですね。

このコラムでは、「海外転出届を出す又は住民票を残すメリットとデメリット」について分かります。

そこで、今回は「海外転出届は出さないほうがいい?住民票を抜くべき?」をご紹介します。

海外移住で海外転出届は出さないほうがいい?住民票を抜くべき?

結論としては、1年以上海外に滞在する場合は住民票を抜くのが基本です。

その理由としては、デメリットがあるためです。それぞれのメリットとデメリットは以下のとおり。

知っておきたい住民登録のメリット・デメリット

1年以上の海外滞在で住民登録を抹消して住民票を抜くことができますが、必ずしも義務ではありません。だからといって、住民票を抜かないとデメリットもあるので、どちらにするかはよく検討した上で結論を出す必要があります。

住民登録を抹消する場合

  • 翌年から所得税・住民税の納税義務がなくなる
  • 国民年金への加入義務がなくなる(任意は可能)
  • 国民健康保険の加入義務がなくなり、保険が使えなくなる
  • 新規にクレジットカードは作れない場合もある
  • 新規に生命保険や医療保険などの保険に加入できない

住民登録を抹消する大きいなメリットは、各種税金や年金・国民健康保険の保険料を支払う必要がないことでしょうか。

住民登録を抹消しない場合

  • 原則として所得税や住民税の納税が必要
  • 国民年金保険料の支払い義務が発生
  • 国民健康保険料の支払い義務が発生
  • 国民健康保険が使える

逆に抹消しない人では、日本に所得がないから支払う国民健康保険料が少ないや保険を使いたいという理由に挙げていることが多いですね。

ただし、日本在住者のままであれば海外で発生した所得に対しても課税義務を負う(全世界所得課税)ので、海外で仕事をして生活費を稼いだとしても日本の税務署で申告しなければいけません。正確なルールを知って確定申告を行いましょう。

一時帰国で住民登録をすればいいのでは?

住民登録を抹消しないで海外生活を送る人の中には、それなら保険が必要になったときは一時帰国で住民登録をを再びして、すぐに抹消すればいいのでは?と思っている人もいると思います。

原則として、一時帰国の度に保険を使って病院や歯医者に通う人もいると思います。日本での短期間の滞在で住民登録を受け付けているかは市町村の判断によります

ただし、住民登録をするということは年金・保険・住民税の支払いが発生するということなので、安易な登録は避けたほうがいいでしょう。さらに、過去にさかのぼって転入したという判断がされると、各種の未払い状態が続いてることになる恐れがあります

海外転出届を出す(住民票を抜く)方法

一般的には住民票を海外の住所に移すことになるので、住民票を抜くという表現が使われています。ただし、仮に1年以上を海外で生活をする場合でも住民登録を抹消する義務はありません。

海外転出届を出す場合は、出国の2週間前までにお住まいの市町村役場など役所に届け出ます。

年末年始やゴールデンウィークなどに出国がかかる場合は、先の日程をして届け出ることも可能です。ただし、あまりにも先の日程は役所などで拒否される場合があります。

市町村によって若干異なりますが、基本的に「海外転出届」という届出はなく、国内での転出届に海外の住所等を記入します。この転居届が「住民票を抜く」・「住民登録の抹消」になります。

住所が確定していない場合は、国/都市名のみで構いませんが、提出の際にパスポートが必要な場合もあるそうなので、提出をする前に市役所に確認しておく方がいいでしょう。

まとめ

海外転出届を出して、住民登録を抹消するかどうかはメリットとデメリットを考慮したうえで決めましょう。面倒だからとか、国民健康保険が使いたいからという理由だけで住民登録を残していると、年金や住民税の未払いになるので注意しましょう。