海外移住コラム

【回答】ロックダウンが起こるとどうなる?【準備や買っておくべきもの】

ロックダウン
ロックダウン(都市閉鎖)前やロックダウン中でやることを知りたい人向け。

「都市閉鎖になるとどうなるんだろう?ロックダウン前やロックダウン中にできることが何かあるのかな。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、海外移住FPです。
当サイトではブログを書きつつ、海外移住の手続きやコツを紹介しています。

ついに日本も非常事態宣言が出されましたね。ただ、基本的に強制力&休業補償などがないので、どこまで効果があるかは不明です。

ニュージーランドも過去にない4週間のロックダウンが始まり、段々とみんなの過ごし方が分かってきました。これから本格的にロックダウンが始まる人やロックダウン中の人向けにロックダウンで何ができるのかをまとめました。

このコラムでは、「ロックダウンになるとどうなるか」と「ロックダウン前に買うべきもの・準備すること」が分かります。

そこで、今回は「ロックダウンが起こるとどうなる?【準備や買っておくべきもの】」をご紹介します。

ロックダウンが起こるとどうなる?【準備や買っておくべきもの】

ロックダウン前に戻ったら、やりたかったことをまとめています。

ロックダウンで起こること

現在、ニュージーランドでは4週間のロックダウンが行われていて、状況によっては延長される予定になっています。4週間と言えば、ほぼ一か月です。では、ニュージーランドではどのようなことが起こるのでしょうか。

  • 外出制限
  • 買い物
  • 仕事
  • 学校
  • 違反するとどうなる?

外出制限

外出は基本的に制限され、スーパーや病院、薬局などは大丈夫です。散歩も大丈夫ですが、友達に会ったりと同居人以外と会うは禁止です。スーパーに行く際には車を使うことも許されているので車の往来は少ないですがあります。

バスなどの公共機関は、スーパーや病院などで働く「エッセンシャル・ワーク」と言われる必要不可欠な仕事で働く人以外は乗車できません。Uberやタクシーもそのワークに入っているので使用することができます。

もし、違反すると国・地域によっては厳しい罰則が受けることがあり、ニュージーランドでは明らかな罰則はまだないですが、安易に外に出歩くことは躊躇してしまいます。

買い物

買い物はスーパーなどが開いているので問題はありません。長期保存できるものは在庫が少なくなっていますが、次第に解消されつつあります。

ただ、スーパーに入るにも1~2mほど距離を置いて並び、入場制限も行われていて商品によっては購入点数の個数制限があります。

ニュージーランドの場合、飲食店は閉店。UberEATやTake Away(持ち帰り)も禁止なので、実質、自炊生活になりますね。これは国・地域により違うようです。

物流は動いているので、宅配などで食料品などは頼むことは可能です。最近になって、PCや暖房器具(ニュージーランドはこれから秋から冬に向かう)などは通販での購入は許可されるようになりました。

仕事

仕事はもちろんテレワークか仕事をしないかになるので、最悪の場合、アルバイトや派遣登録者は解雇になります。実際に知り合いのワーホリの人たちは全員解雇になりました。

では、その間の給料はどうなるかというと、ニュージーランド政府から給料の補填が会社に補助され、その補助金をもとに給料が支払われます。もし、有休があれば消化を優先されます。

学校

学校も閉鎖中ですが、以前からニュージーランドではオンライン授業を推進していたこともあって、多くの授業はオンラインで行われています

すべての学校ではありませんが、先生が閉鎖前に教材など授業ができるものを家に持ち帰ることも行われていました。

違反するとどうなる?

ロックダウンを破る人たちもいるので、通報サイトが用意されています。ある意味、「密告」ですね。それだけ厳しく規制されるということです。国・地域によっては重い罰則もあり、残念ながら在日邦人も逮捕される事態になっています。

↑目次に戻る

ロックダウンが起こる前にすべきこと

ロックダウンになると基本的に「外出自粛」で同居人以外との接触できず、行けるのはスーパー、病院、薬局、銀行などに限定されます。

なので、日常的な食べ物や雑貨についてはスーパーに在庫があれば購入できるので、食料品については心配はありません。

ただ、ロックダウンになるとスーパー以外の買い物が基本的に出来なくなるので、ダウンロック前に買っておくべきことや準備しておくべきことがあります。

例えば、散髪など。

それ以外にも色々と買っておくべきものや準備しておくべきことがあります。

  • 書籍や雑誌の購入
  • 電化製品の購入
  • データ量を増やすなどのネット契約の見直し
  • 運動系グッズの準備
  • PCやスマホデータなどのバックアップ
  • ペット用品の準備

特に、縫物をしたいならミシンを買うとか、動画を見るならパソコンを買っておくなど、ロックダウン中に趣味や日常生活で使う電化製品が買えなくなるのがとても困ります。

あとは、縄跳びやボールなど外で運動ができるようなものを買っておくのもおすすめです。

↑目次に戻る

ロックダウン中にできること

日中、テレワークで仕事ができる人はいいのですが、仕事ができない人は何をすればいいのか悩んでしまいます。

ロックダウン中にできることの一例は以下のとおり。

  • TVやYoutubeなど動画を見る
  • 読書・漫画用の本を購入
  • ゲームの購入
  • 語学や資格の勉強準備
  • DIY
  • 絵を描く
  • アクセサリー作り
  • ダイエットなどの運動やストレッチ
  • ブログやサイトの作成
  • 普段できなかったことをまとめてやる

ロックダウン中で一番やることと言えば、テレビを見たりYoutubeや動画配信サイトで映画を見たりすることでしょうか。

ただ、意外と数日も経つと飽きてしまいがちになるので、そこは前向きにとらえて「語学や資格の勉強」や「読書」、「趣味」などの自分に身につくようなことをするのがおすすめ。

ニュージーランドではロックダウン前に「絵を描く道具」や「アクセサリー作りキット」などがよく売れていたようです。事前に準備していないとできないこともあるので、どのように過ごすかを考えておくのが大切でした。

すでにロックダウン中で手元に趣味の道具がないという人は、もしネットとパソコンがあれば「ブログやサイトの作成」がおすすめです。

↑目次に戻る

ロックダウン中に気を付けるべきこと

ロックダウン中に気を付けるべきことは、「ストレスをためない」と「ストレスを感じてなくても解消方法をやっておく」ことです。

実はロックダウン中に起こる可能性が高いこととして、「家庭内暴力や夫婦喧嘩」などがあります。

これは四六時中、誰かと一緒いると何かしらストレスなどを感じてしまっているためです。それが何週間もとなると知らず知らずのうちに関係がこじれることもありえます。

ロックダウン中に可能であれば、「適度な運動」・「仕事部屋を作る」・「決まった時間に起きて寝る」といった基本的なことをすることが大切になります。

そして、意外とニーズが多いのが「オンライン飲み会」。画面を通して飲み会をするというのが海外ではブームになりつつあります。コミュニケーションもとれるし、お酒も飲めるのでストレス解消にはいいかもしれませんね。

↑目次に戻る

ロックダウンで何が起こるか、何をすべきかを知っておきましょう!

ニュージーランドでは、レベル3(不要不急の外出)からレベル4(ロックダウン)まで48時間しかなかったことを考えると、この間に何ができるのか、必要なものは何かを考えないといけなかったので結構大変でした。

今回はロックダウンしている海外在住者だからこそ分かることをまとめてみました。日本ではロックダウンが検討されていますが、いつ発表されるか分かりません。海外と同じ状況になるかは分かりませんが、実際に何が起こるか、何をすべきかを知っておきましょう。