医療・保険

【回答】海外移住前に知っておくべき現地の医療情報とは?【医療費を抑えられます】

海外生活をする前に現地の必要な医療情報を知りたい人向け。

「タイやフィリピン、マレーシアなどの東南アジアで海外生活をしようと思うけど、病気にならないか心配です。海外移住前に知っておくべき医療情報はありますか。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、海外移住FPです。
このサイトでは、ブログを書きつつ海外移住の手続き方法や海外生活のコツを紹介しています。

近年、海外で感染所などが流行しているニュースがよく日本でも取り上げられています。でも、自分が病気にかからないから大丈夫と思っていると、渡航後に痛い目に合うかもしれません。渡航前に必要な医療情報を手に入れておきましょう。

そこで、今回は「海外移住や海外生活のために知っておくべき医療情報とは?」をご紹介します。

海外移住や海外生活のために知っておくべき医療情報とは?

事前に医療情報を知って対策を立てておくと、無駄な医療費を抑えることにつながります。

海外の医療情報を知るサイトは以下のとおり。

  • 世界の医療事情(外務省)
  • 海外で健康に過ごすために(厚生労働省検疫所)
  • 赤ちゃん & 子育てインフォ(公益財団法人母子衛生研究会)
  • 海外在留邦人の健康のために(一般財団法人 海外法人医療基金)

世界の医療事情(外務省)

外務省の「世界の医療事情」は、現地の医務官が収集した情報を掲載している正確な医療情報が特徴です。医師が直接、足を運んで肌で感じた情報なので、原則、実際に医務官が駐在あるいは出張し、直接調査可能であった情報を掲載しています。

外国での生活や旅行の際に最も不安を覚えるとしたら、「もし,病気になった、怪我をした時にはどうしよう」ということだと思います。この「世界の医療事情」は,そうした邦人の方々の不安を少しでも解消しようと開始されました……(外務省 渡航関連情報より)

関連サイト:世界の医療事情(外務省)

海外で健康に過ごすために(厚生労働省検疫所)

海外に渡航される人のみならず、渡航者の診療や相談に当たられる医療従事者に海外の感染症の最新の流行状況や予防法などの情報が掲載しています

例えば、東南アジア向けの情報には以下のように警告されています。

デング熱やチクングニア熱が東南アジアを中心に流行しています。

関連サイト:FORTH 厚生労働省検疫所

https://kaigaiizyufp.com/travel-clinic/ ‎

赤ちゃん & 子育てインフォ(公益財団法人母子衛生研究会)

予防接種ガイドブック等の教材をもとに、赤ちゃんが受けるべき予防接種の種類や注意点をまとめたサイト

赤ちゃんがお母さんからもらった病気に対する抵抗力(免疫)は、そのほとんどが1歳までに自然に失われます。そのため、この時期を過ぎたら、赤ちゃん自身で免疫をつくって病気を予防する必要があります。これに役立つのが予防接種です。

関連サイト:公益財団法人母子衛生研究会

海外在留邦人の健康のために(一般財団法人 海外法人医療基金)

海外移住先で日本人医師や看護師が在中する海外の医療機関があるので、事前に調べておくと万が一のときに役立ちます。

シンガポール日本人会クリニックは、財団法人海外邦人医療基金の支援のもと、1985年に設立されました。日本からは日暮浩実医師が派遣されており、日本語で対応できるシンガポール人女性医師と共に一般内科をはじめとする診療、予防接種、健康診断などの医療サービスを提供しています。

関連サイト:一般財団法人 海外邦人医療基金

渡航前に医療情報を収集すると医療費が抑えられます!

海外生活中に急にケガや病気になってから病院や対策を調べているのでは時間や手間がかかってしまいます。海外渡航前に事前に医療情報を得たり、対策を考えて準備しておくとスムーズに対応できます。特に、海外の病院では日本の通訳者や日本人医師・看護士が勤務していることもあるので、現地の医療体制を知っておくと役立ちます。