海外移住コラム

【N95マスクが人気】ウイルス予防に一般向けのマスクでも効果があるの?

N95マスク
ウイルス予防のために一般向けのマスクをしようかどうか迷っている人向け。

「ウイルス予防のためにマスクを買おうと思っているけど、一般的なマスクでもいいのかな。N95マスクというものがいいらしいと聞いたけど、どうなのかな。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、海外移住FP&現役MR(医療情報担当者)です。
当サイトでは、ブログを書きつつ海外移住の手続きやコツを紹介しています。

中国では湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎患者が急増しています。その予防としてマスクの需要が急増してますが、普通のマスクで予防できるのでしょうか。

このコラムでは、「一般向けのマスクをつける意味があるのか」や「人気のN95マスクとは」が分かります。

そこで、今回は「ウイルス予防に一般向けのマスクでも効果があるの?」をご紹介します。

ウイルス予防に一般向けのマスクでも効果があるの?

ウイルス予防にはなりませんが、ないよりマシです。

理由は以下のとおり。

普通のマスクでウイルスを予防できる?

一般向けのマスクは、空気によって運ばれるウイルスやバクテリアの予防には効果がない。理由は、一般向けのマスクは隙間が多すぎ、空気フィルターもないから

一方で、くしゃみやせきの噴出に直接触れないことでウイルスの感染リスクを下げたり、手に付着したウイルスを口から体内に入れてしまうのを防いだりすることはできます。

一般向けのマスクでウイルス予防はできませんが、2次的な感染を防ぐことができます。

では、どのようなマスクがウイルス予防になるかというと「N95マスク」が注目されています。

N95マスクとは

N95マスクは、NIOSH(米国労働安全衛生研究所)規格に合格したマスク。

厚生労働省では、SARS(重症急性呼吸器症候群)、MERS(中東呼吸器症候群)、新型インフルエンザや結核菌の対策指定品の一つとされ、ウイルスを含んだ飛沫の侵入を防ぐことができる高性能なマスクです。

N95マスクの「N」とは耐油性がないという意味で、医療機関等では耐油性は必要ないという判断でNの規格が用いられています。また「95」とは0.3μm以上の塩化ナトリウム(NaCl)結晶の捕集効率が95%以上という意味です。

N95以上の規格もありますが、医療機関で使われているくらいなのでN95で十分でしょう。

N95マスクも入手困難になってきています

話題のN95マスクも入手が困難になってきていて、ネットショッピングサイトでも売り切れや高値で取引がされています。

例えば、下記のN95マスクは、通常価格9,700円が2020年1月29日時点で¥36,000~¥80,000となっています。通常価格のマスクも入荷予定日が6月30日になっているので、さらに価格が上がる可能性もあります。

3M Vフレックス 防じんマスク 9105J-DS2 レギュラーサイズ 20枚入り 国家検定合格品
スリーエム(3M)

では、どうやって購入するのがいいかというと「メルカリ」を利用するのも方法のひとつ。2020年1月時点でメルカリで検索するとN95マスクが比較的安く取引されていました。ただ、メルカリは個人間の取引マーケットなので取引には十分気を付けましょう。

マスクのつけ方にも注意を

人混みでマスクを着用することも有効かもしれませんが、その効果を信頼しすぎないことが大切です。マスクを正しく着用できている人は意外と少ないと言われています。

マスクの表面を素手で触っていたり、触ってしまったときは手洗いをしていることも。飛沫感染する感染症の多くが接触感染もするので、手で鼻や口を触ることでも感染しうるということです。

もし、その手についた病原体を口元にあてているマスクに付着させるならば、むしろマスクをつけてない方が安全という話もあります。

正しいマスクの装着方法は、まず鼻にしっかりと固定し、あごの下までマスクを下ろすことです。その際、できる限り隙間ができないようにしてください。

対策は「うがい」と「手洗い」が基本

根本的な予防は「うがい」と「手洗い」。さらに、くしゃみをするときに顔を覆う、手を洗う前の手で顔を触らないことなど。

ただ、手洗いをすればいいというのではなく、ポンプ式の石鹸であれば1プッシュを押し切り、指先をまずつけてから手の全体に馴染ませます。できれば定期的に実施するのがおすすめです。

マスク以外にも手洗いがなかなかできない環境であれば「サニタイザー(消毒ジェル)」や目からのウイルス侵入を防ぐ「花粉症用の眼鏡」などのウイルス予防グッズも上手に活用しましょう。

一般向けのマスクはウイルス予防にならない!

残念ながら一般向けのマスクはウイルス予防にはなりませんが、自分を守ることや周辺の人を守る意味でもマスクをつける意味はあります。