海外就職・海外転職

【いつから?】公認日本語教師が国家資格になる方針へ【日本語教師になるには】

公認日本語教師
日本語教師になる資格をどのようにして得られるのか知りたい人向け。

「最近、日本語教師が国家資格になるかもしれないという話を聞きました。どうやれば日本語教師になれるのかな。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、海外移住FPです。
当サイトでは、ブログを書きつつ海外移住の手続きやコツを紹介しています。

外国人らに日本語を教える国家資格「公認日本語教師」(仮称)が2020年度以降に創設される見通しとなった。国の文化審議会の小委員会が14日にも報告書案をまとめる。日本語教育能力の試験に合格し、教育実習を履修することなどが資格の登録要件となる。

出典:日本経済新聞 2020年2月13日付

近年、外国人が日本で働く機会が増え、本人だけではなく、その子どもの日本語教育の問題が取りざたされていました。それが、今回、日本語教師が国家資格化されることで日本語教師になる人が増えそうです。

しかも、これで日本語教師の資格を取得しておくと、海外で働いた後も日本に帰国して日本語教師として働きやすい環境ができるメリットがあります。

実は、私のパートナーが日本語教師をしていたので、実際に日本語教師になる方法を聞くことができました。

そこで、今回は「日本語教師になるには」をご紹介します。

日本語教師になるためには

資格は不要です。

ただし、実際に日本語学校で働くには以下が採用条件になることが一般的です。

  • 大学で日本語教育の主専攻または副専攻として学び、修了する
  • 日本語教育能力の試験に合格する
  • 日本語教師養成講座 420時間コース修了

公認日本語教師(仮称)の資格要件

あくまでも2020年度内に制度を固めることになっていますが、現段階ので資格要件としては以下のとおり。

  • 日本語教育能力の試験に合格
  • 教育実習の履修
  • 大学卒業以上の教育

現在は特に日本語教師の資格がなくても日本語学校などで働くことができますが、公認日本語教師になるためには「日本語教育能力の試験に合格し、教育実習を履修することなど」が必要になる予定です。

また、資格の有効期間は10年で更新時の講習も義務付けられることになっています。

日本語教師になるために必要な試験や講座

日本語教師として働く上で資格は必要ありませんが、多くの日本語学校では「日本語教育能力検定試験に合格している」か「日本語教師養成講座 420時間コース修了」が採用条件になっていることが一般的です。

日本語教育能力試験とは

日本語教育能力試験は、日本語教育能力検定試験と呼ばれる試験です。この試験は、日本語教員となるために学習している方、日本語教育に携わっている方に必要とされる基礎的な知識・能力を検定することを目的としています。

受験者の制限はなく誰でも受験が可能で、年に1回10月に試験が行われます。合格率は約17%~28%で平均26%ぐらいだと言われています。合格者は単純計算で4人に1人になりますね。

試験勉強の方法は、通学か通信で学ぶのが一般的ですが、例えば、通信講座ではアルク「日本語教師養成プログラム」を開講しています。

日本語教師養成プログラム

アルク日本語教育能力検定

送付内容 テキスト24冊/別巻問題集1冊(CD付き)/CD・7枚/DVD・1枚/NAFL模擬テスト1回(自己採点式。CD、解答と解説付き)/『日本語教育能力検定試験 重要キーワード集300』/実力診断テスト24回/記述式問題の添削指導2回
学習期間 12ヵ月
入会金 なし
受講料 約14万円
備考 海外の発送について

公式サイト

日本語教師養成講座 420時間コース修了

日本語教師養成講座420時間コース修了とは、文化庁が示した「日本語教師養成のための標準的な教育内容」に沿った講座のことを意味しています。

研修科目は「社会・文化・地域」「言語と社会」「言語と心理」「言語と教育」「言語」の5区分について、420単位時間以上が設定されており、文化庁が認めた講座のみが対象となります。

そのうち、研修科目で「教育実習」が45単位時間以上を含まれていることがあり、通信で講習を受けたとしても実習が必要になります。海外で通信講座を受けている人でも、一時帰国などのタイミングで研修を受ける方もいます

日本語教師養成講座 420時間コースにはヒューマンアカデミーの講座などがあります。

ヒューマンアカデミー「日本語教師養成講座」(通信 日本語教育能力検定試験【完全合格】講座つき)

特徴 日本語教師になるための条件である「養成講座修了」と「検定試験合格」の二つの取得を目指す初学者向け講座
学習期間 最低6ヵ月~
入会金 なし
受講料 約70万円(教育訓練給付金対象コース対象)
備考 無料説明会・講座説明会あり

日本語教師養成講座

日本語教師養成講座のみもあります。

ヒューマンアカデミー「日本語教師養成講座」
特徴 日本語教師になるための条件である「養成講座修了」を目指す初学者向け講座
学習期間 12ヵ月
入会金 約3万円
受講料 約60万円
備考 テキスト代が別途必要

日本語教師養成講座

一般的に日本語教師養成講座420時間のための講座は約1年~1年半にかけて受講することが一般的なので、受講する場合はよく考えて申し込みましょう。

海外でも日本でも働ける日本語教師がねらい目に

海外でも日本語教師の需要がありましたが、これから日本でも日本語教師の需要が増えることが予想されています。ただし、公認日本語教師(仮称)になるには試験に合格が必要になるので注意しましょう。