子ども・教育

【まとめ】海外在住でも受講可のおすすめの子ども向け通信教育は?【幼児・小学生~高校生対象】

通信教育
海外在住でも受講できる子ども向けの通信教育を知りたい人向け。

「子どもに日本語の教育や日本の受験に備えて学習させてあげたいけど、おすすめの通信講座はどれかな。海外でも受講できる通信教育があれば知りたいな。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、海外移住FPです。
当サイトでは、ブログを書きつつ海外移住の手続きやコツを紹介しています。

子どもの教育の大切さは十分にわかっていても、いざ始めようとすると教材の種類が多すぎて「一体どれにしたら良いの?」と迷ってしまいますよね。

このコラムでは、「海外在住でも受講できるおすすめの子ども向け通信教育がどれか」が分かります。

そこで、今回は「海外在住でも受講できる幼児・小中学生向け通信教育」をご紹介します。

海外在住でも受講できる幼児・小中学生向けの通信教育

まずは、選び方から。

幼児・小中学生向け通信教育の選び方

基本は3つです。

  • 「テキスト形式」か「オンライン形式」で選ぶ
  • 信頼できるブランド力や口コミ・評判で選ぶ
  • 受講価格やコスパ

それでは、具体的にご説明します。

「テキスト形式」か「オンライン形式」で選ぶ

テキストの場合は日本からの取り寄せが必要なので送料がかかるし、オンラインであれば端末に慣れる必要もあります。それぞれメリット・デメリットがあるのでよく検討しましょう。

信頼できるブランド力や口コミ・評判で選ぶ

通信講座を選ぶ上で、会社のブランド名は重要なポイント。有名な会社ほど需要があり、口コミや評判も多いので比較しやすいメリットがありますね。

受講価格やコスパ

いくら良い通信講座でも継続できなければ本末転倒なので、続けられる価格帯の通信講座を選ぶことも重要なポイントになります。無料のお試し版がある場合があるので確認しましょう。

海外でも学べる通信教育のおすすめランキング

基準は子こどもを持つNZ在住者の親御さん達からの情報をまとめました。

  • ベネッセコーポレーション進研ゼミ【こどもちゃれんじ】
  • 海外子女教育振興財団【海外子女のための通信教育】
  • Z会【Z-KAI】
こどもちゃれんじ/進研ゼミ

ベネッセコーポレーション

受講対象 幼児~高校生
おすすめ理由 教育学習大手のベネッセコーポレーションが提供する通信講座なので安心。受験のためというよりも日本語学習や学校での勉強と同じ内容を学びたい人向け。
学習形式 テキスト
受講価格 【例:アジア】こどもチャレンジ:約4,000/月~、小学生講座:約5,000円/月、中学生講座:約8,000円/月~、高校生講座:約10,000/月(5教科)~全て海外送料込み
備考 海外に発送なら専用の「海外受講サイト」から受講できる講座内容や受講料の確認が可能

【こどもちゃれんじ】
【進研ゼミ小学講座】
【進研ゼミ中学講座】
【進研ゼミ高校講座】

 

海外子女のための通信教育

海外子女

受講対象 幼児~小中学生
おすすめ理由 海外子女教育振興財団が提供する講座。幼児対象は絵本、小中学生は国語や理科など学校の授業にあわせた学習が可能。添削指導もあり。
学習形式 テキスト・オンライン
受講価格 乳児コース(アジア約6万円~/年:2020年度、送料込み)、小中学コースは教科により異なる
備考 インターネット教材は無料で体験版が10日間受講可能

海外子女のための通信教育

 

Z会の通信教育

Z会

受講対象 幼児~高校生
おすすめ理由 教材はシンプルで真面目な内容で受験を控えている人向け。便利なオンライン・タブレット対応もあり。海外受講料がかかるので難あり。
学習形式 テキスト・オンライン
受講価格 (参考)幼児:約4,000/月~、小学生講座:約6,000円/月、中学生講座:約13,000円/月(4教科)、高校受験講座:教科やコースにより異なる~全て海外送料込み
備考 海外に発送なら「海外受講」から受講できる講座内容や受講料の確認が可能

Z会の通信教育 幼児者コース
Z会の通信教育 小学生コース
Z会の通信教育 中学生コース
Z会の通信教育 高校生コース

通信講座を選ぶなら海外受講価格と学習形式も検討しましょう!

日本国内で通信講座を受ける場合と国外では配送料や海外受講料がかかることを念頭に置いて講座を選びましょう。例えば、日本国内にある実家から転送してもらうこともできるので国内受講料と比較してもいいですね。