海外移住コラム

【回答】海外移住前にスマホの手続きはどうすればいい?【一時停止OK】

スマホ手続き
海外移住が決まったらスマホ・携帯の手続きはどうすればいいのか人向け。

「海外赴任や海外留学、ワーホリをすると、スマホの契約はどうすればいいのかな?一時的に利用の停止ができるのだろうか。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、海外移住FPです。
当サイトでは、ブログを書きつつ海外移住の手続きやコツを紹介しています。

海外移住をして長期間滞在することになると、スマホをどうすればいいのか悩んでしまいますよね。現在のスマホ契約内容によっては解約をしないで一時的に利用を止めたり、そのまま使用できる場合があります。

このコラムでは、「海外移住前に契約内容によってスマホの手続きをどうすればいいのか」が分かります。

そこで、今回は「海外移住前にスマホの手続きはどうすればいい?」をご紹介します。

海外移住前にスマホの手続きはどうすればいい?

海外移住前にするべきスマホの手続き方法は以下のとおり。

  • 方法①スマホの契約を解約する
  • 方法②スマホの契約を一時的に利用を中止する
  • 方法③そのまま海外でも使い続ける(SIMロックの解除)

スマホの契約を解約しておく

日本のスマホや携帯をそのまま持って行って、海外で使う事もできますが、通話料金がかかってしまって後から高額請求されることになってしまいます。

もし、海外在住が長期間になる場合には、日本のスマホ・携帯は解約して、現地でSINカードを購入して使うのが一番おすすめです。

今まで携帯会社と契約するときには「2年縛り」と呼ばれる2年単位での契約を行うことが一般的でした。2019年9月より、この2年契約と違約金が大幅に変更され、プランによっては意外と安い料金で解約ができるようになりました。

そのため、解約手数料と毎月の固定費を考えたうえで、スマホや携帯の契約を維持するのか、解約するのかを検討しましょう

スマホの契約を中断しておく

携帯会社によっては、スマホの利用を一時的に止めて、月額利用料や事務手数料を払えば、帰国後に使用ができるようになるサービスがある場合があります。

ワーホリや海外留学などで、将来、日本に帰国する予定がある人で海外に長期滞在する場合は便利なサービスです。

大手キャリアの一時利用中止サービスは以下のとおり。

キャリアによってはネット上で手続きができる場合と店舗に直接行って手続きしないければいけない場合があります。

SIMロックを解除しておく

SIMカードは、「個人情報が書き込まれたカード」。SIMカードを出し入れすることで、同じ電話番号のまま様々な端末で使うことができるようになります。

SIMロックを解除した場合、スマホに現地国のSIMカードを購入して差し込むと、すぐに電話とインターネットが使えるようになるので便利です。

ただし、SIMロック解除にかかる金額は大手キャリアで3,000円程かかりますが、キャリアによっては無料になるケースもあったり、機種によってSIMロック解除ができないものもあるため、詳細は必ず携帯会社に確認しましょう。

海外で自分のスマホを使いたい場合は、SIMロックを解除しておくことをおすすめします。

高額請求されないようにしておくこと

スマホを海外に何も手続きしないまま持っていって使っていると、あとで高額請求が届くことになるかもしれません。実は、「国際ローミング」という方法で日本の携帯会社が割高な通話料金がかかっている場合があります。

機内モードに設定しておく

その際には、日本を出国する前に機内モードに設定しておき、日本に戻るまで解除しない方法がおすすめです。

機内モードにしておけば、無線Wi-Fiで特別な設定などしなくてもインターネットを使うことができます。

現地で電話を使いたい場合は、現地の格安スマホを購入して、日本から持ってきたスマホと2台持ちにしている人も多いですね。

短期の滞在ならWIFIルータをレンタルしておく

下見旅行や短期間の滞在であれば、Wi-Fiルーターのレンタルを利用するのも方法のひとつ。渡航前に日本で注文して日本の自宅へ宅配してもらうか、空港で受取と返却を行うことができるので便利です。

海外移住前にスマホの手続きはどうすればいい?

  • スマホ契約を解約するか、利用一時休止サービスを利用するかを決める
  • SIMロックが解除できるかを確認する
  • 日本のスマホは機内モードにして現地国で格安スマホを購入する