海外移住コラム

【グーグルが自動翻訳に参入】日本で売られている通訳専用機ポケトークとは?【海外発送可】

ポケトーク
海外生活で便利な日本で売られている翻訳専用機について知りたい人向け。

「グーグルがスマホで自動翻訳をしてくれる機能を追加したので、日本で売られている通訳専用機が脅威という記事があったけど、通訳専用機って何だろう。」

こういった疑問に回答します。

こんにちは、海外移住FPです。
当サイトでは、ブログを書きつつ海外移住の手続きやコツを紹介しています。

米グーグルは12日、スマートフォンで会話をほかの言語に自動的に翻訳できる新機能を同日から世界で始めると明らかにした。同社が強みを持つ人工知能(AI)技術を使って44の言語に対応し、無料で使える。日本などで売られている通訳専用機にとっては脅威となりそうだ。

出典:Yahoo!ニュース12/13(金) 6:00配信

ついにスマホで翻訳コンニャクができるような時代になってきました。翻訳コンニャクで年代がバレそうですが、英語を勉強しないでもいい時代がやってくるかもしれません。

ただ、この記事で書かれている日本などで売られている通訳専用機が気になったので、少し調べてみました。

このコラムでは、「日本などで売られている通訳専用機が何か」が分かります。

そこで、今回は「日本で売られている通訳専用機とは?」をご紹介します。

日本で売られている通訳専用機とは?

主にポケトークと言われる翻訳機でした。

ポケトークとは

ポケトークは、互いに相手の言葉を話せなくても、まるで通訳がいるように対話できる音声翻訳機。74言語の翻訳に対応しているので、海外旅行で現地の言葉が話せない、英語が話せないという人に人気です。

最近、新型のポケトークSが発売されました。

従来のポケトークWとの大きな違いは、カメラが搭載されていること。リアカメラ800万画素オートフォーカスで、文字をスキャンすると自動的にAIが翻訳して表示することができます。

ポケトークの特徴は?

ポケトークWでは国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の音声翻訳エンジンを採用するなどして、AIによる翻訳精度を上げています。

ソースネクストが販売する音声翻訳機“POCKETALK”では、入力された音声がネットワーク経由でクラウドサーバに送信され、サーバ上の複数の翻訳エンジンにより翻訳した結果が再びネットワークを経由して“POCKETALK”に戻り、音声が出力されます。

出典:国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)

これにより、精度の高い翻訳機能が使うことができます。

ただし、翻訳を行う際に クラウド上の翻訳エンジンと通信を使っているので、ネット環境が無い場所では翻訳ができません

ポケトーク単体でWiFiの受信が可能になっていますので、ポケットWiFiのようなものを持ち歩くか、ホテルなどの無線WiFiなどを用いることで使用が可能です。また、SIM通信にも対応しています。

グローバル通信「あり」と「なし」の違い

ポケトークでは「グローバル通信2年付きモデル」と「グローバル通信なしモデル」の2タイプが用意されています。

「グローバル通信2年付きモデル」は、ポケトーク専用のグローバルSIMが本体内にあらかじめ組み込まれた状態で出荷されます。そのため、Wi-Fi環境と専用グローバルSIMのエリア(105の国と地域)で使うことができます。

その際、SIMは2年ごとに契約更新するタイプで、その間は「使い放題」なので 特にチャージなどを行ったりする必要はありません。

一方、「グローバル通信なしモデル」は、WIFI環境でのみ使用できます。外出先でポケットWIFIルータがなければすぐに使うことができないので不便ですね。さらにPOCKETALK専用グローバルSIMカード以外はサポート対象外です。

2年間使い放題、追加費用も一切不要で、月額利用料・通信費は一切かからず、2年後に延長もできるので「グローバル通信2年付きモデル」が買いです。

ポケトークWの口コミ・評判

まずは瞬間翻訳機ポケトークにどのような効果があるのか、実際に利用した人の口コミ体験談から調べてみました。

  • スマホとは別に持ち歩かないといけないという面倒はあるけど、スマホにも翻訳アプリがあるけど、比較するとこちらの方が翻訳精度が高いと思う。
  • 仕事場での中国人研修生とのコミュニケーションに活用しています。
  • 英会話を勉強している息子に勉強ツールとして買い与えました。本人もビックリしていました。
  • 海外旅行を計画している両親にプレゼントしたら喜んでいました。
  • 海外に住んでいますが、銀行への連絡や大切な連絡があるときには正確さが大切。会話のいきちがいは損になるもと。
  • 英語はかなり訳の精度が良いので期待していたのですが、中国語は自分には残念な商品でした。
  • 翻訳がたまに変な訳になってします。
  • 通信のスピードが遅い。

瞬間翻訳機ポケトークの口コミや評判を見ると「翻訳のスピードが速い」「翻訳精度が高い」という意見だけでなく、「英語の勉強にも利用している」という意見が目立ちました。

中でも多かったのが、「仕事場で外国労働者との会話に利用している」という意見。海外旅行だけでなく、勉強や仕事場などの場面にも利用できそうです。

一方、悪い口コミや評判では、「変な訳になった」というポイントが多かったですね。

ただ、「変な訳になった」という意見には「長文だった」、「固有名詞が入っていた」という意見が多く、簡単な旅行用フレーズなんかだと翻訳精度は高く十分実用的という意見もありました。

ポケトークの販売価格は?

ポケトークWは19,800円(税抜)、ポケトークSは29,800円(税抜)です。

大きな違いは、文字をカメラで翻訳ができるかどうかなので、海外旅行なんかではポケトークW、海外移住ではポケトークSがおすすめです。

特に海外生活をしていると会社だけではなく、移民局や公的機関からのレターが届くので読み逃すと面倒なことになるからです。

海外在住者にも海外発送可

既に海外で生活している人にも公式サイトから海外に発送できるサービスがあります。

最後に

グーグルがスマホでの自動翻訳機能を追加したので、ポケトークを買うかどうかは必要性があるかどうかでしょうか。性能も分かりませんが、いずれスマホで簡単に翻訳できるようになる時代が来るかもしれません。

今回、コラムで紹介したサービス

POCKETALK(ポケトーク)