英語

【レビュー】スピードラーニング・アルファを1ヶ月試してみました【英語の聞き流し】

スマホで勉強
移動中やパソコン作業、家事をしながらでも英語を勉強したい人向け。

「何かをしながらでも英語の勉強ができないかな。それなら、英語の聞き流しがいいと聞いたことがあるけど何を聞けばいいか分からないし、、、効果的な英語の聞き流しができる音源はないかな。」

こういった疑問に答えます。

 本コラムの内容

・スピードラーニングα(アルファ)とは

・スピードラーニングは効果がない?

・スピードラーニングα(アルファ)を聴いてみた感想

私はブログのコラム執筆などで長い時間をパソコン作業にあてていますが、コラムを書きながらでも英語の勉強ができないかと常に考えています。

ただ、普段はCNN student newsなどを聴いているのですが、単に英語が流れがいるだけになっているので、本当に聞き流しの効果があるのか疑問でした。

そこに、英語の教材No1ということで有名なスピードラーニングのストーリミング版である「スピードラーニング・α(アルファ)」が誕生していました。以前からスピードラーニングは気になっていたので、早速、試してみました!

ストリーミングとはダウンロードと違ってインターネットに接続が必要な再生方式です。スマホにデータが残りません。

実際にスピードラーニングのストーリミング版を試して、いろいろなことがわかったので、これから試してみようかなと考えている人の参考になればと思います。

そこで、今回は「スピードラーニング・アルファを試してみました」をご紹介します。

 そもそも、英語の聞き流しは効果があるのか?

一般的な意見としては、「英語の聞き流しは意味はない」とか「ラジオで英語を流していてもBGMになっているだけ」といった話がありますが、英語の聞き流しの方法を間違うとそういう意見になります。

以前、紹介したコラムでご紹介しましたが、結論から言うと効果の出る英語の聞き流しには条件があります。簡単に言うと、英語の勉強をしている人が学習を加速するのにいいよね、となります。

【英語の聞き流し】メンタリストのDaiGoさんが結論づけた!効果はあるの?最近、人気のYoutuberもなっているメンタリストのDaiGo さん。 そのYoutubeで「英語の聞き流しは効果はある...

スピードラーニング・アルファを1ヶ月試してみました

スピードラーニングαアプリ
英語を聴く習慣をつけるためには便利です。

スピードラーニングα(アルファ)とは

スピードラーニングα(アルファ)は毎月定額で、CD教材でおなじみのスピードラーニング教材を聞き放題ができるサービス

料金は月額3,800円(税抜)で、スマホ対応でストリーミング形式(毎回、ネット接続が必要)で聴く方法です。

教材で学べる内容としては、「やり直し英語」や「日常生活の英語」、「ビジネス」、子ども向けの「キッズ」・「ジュニア」などに分かれ、その他にも単語レベル別やTOEICに役立つ単語集なども入っています。

さらに、スピーキングも練習したいという人向けに月に4回(1回5分)の電話英会話レッスンが無料でついてきます。

こちらは実際にやる人がいるのか疑問ですが、一応、スピーキングも練習できますよ、というのが特徴です。

スピードラーニングは効果がない?

スピードラーニングは「聞き流すだけで英語が話せる」という触れ込みで話題になった英語教材です。ただ、公式サイトでは「英語が話せる」とは書かれていないのですが、いつの間にか飛躍した表現になっていますね。

「聞き流しで英語が身につく」これがスピードラーニングの最大の特長です。
「そんなの信じられない?」そう思うかもしれません。たしかに意味の分からない英語を漫然と聞いていても力はつきません。

しかしスピードラーニングは英語のあとに日本語が流れています。ですから辞書やテキストを見なくても意味を理解しながら英語を聞くことができます。

出典:スピードラーニング公式サイト

ただ、現実は「聞き流すだけで英語を話せる」のは、かなり無理があります。例えば、私は洋楽をよく聞きますが、お気に入りの洋楽を何度も聞いても聞き取れるようになったかというと、いまだにほとんど聴き取ることが出来ません。

洋楽を聴くだけいいなら何度も耳にしているうちに理解が出来るようになっているはずです。それが、日本語の音楽であれば知らないうちに口ずさんでいることはよくあります。日本語だと出来ますが、英語だと無理というのが現実です。

「スピードラーニングを使っても英語を話せない=効果がない」というのは間違いです。英語を繰り返し聞く習慣が作れる教材というのがポイントです。

スピードラーニングα(アルファ)を聴いてみた感想

どの教材でも同じですが、すぐに効果が出るわけではないので英語が上達したかと言われると難しいでしょう。

ただ、リスニングといっても何を聞いていいか分からない人には短い文章でスクリプトもついているので英語を聴く習慣つけやすいでしょう。

 スピードラーニングα使う時のポイント

1.すべてを聴き取れなくても大丈夫

2.ストリーミングなのでスマホのデータ量に注意

3.瞬間英作文の音源として使える

1.すべてを聴き取れなくても大丈夫

すべてを聴き取ろうとすると集中が必要なので、聞き流しというわけにはいきませんよね。一応、スクリプト(日本語字幕)を出すことができますが、いちいち確認するよりもとりあえず続けて聴くことが大切です。日本語が邪魔な人は英語のみを流すこともできます。

2.ストリーミングなのでスマホのデータ量に注意

一括ダウンロードではなくストーリミング形式なのでWIFIがあればいいのですが、なければ使えるデータ量を確認しておきましょう。約60分で30~40Mのデータを使用します。1ヶ月にすると結構なデータ量を使います。

3.瞬間英作文の音源として使える

おすすめの使い方としては、瞬間英作文の音源として使うこと。瞬間英作文とは「日本語をすぐに英語にする」方法です。

この教材では「英語→日本語」と流れるので、自分で「英語→日本語→英語で口ずさむ」がしやすいです。コレが一番、いい使い道じゃないかと思っています。

 

スピードラーニングα(アルファ)は英語を聴く習慣をつけるのに最適

英語の勉強はすぐに効果がでるものではないので、継続が大切。その点、スピードラーニングαなら「英語→日本語」の順番に流れるので理解できないまま聴くのではないので、続けやすいでしょう。

ただ、月額3,800円は高いので、まずは1ヶ月だけ入会して続けられるかを試すのもアリです。ともかく、英語で成果を出そうとすると繰り返しますが、続けやすい教材選びがポイントです。

>>>公式スピードラーニングαサイト

ストーリミング形式だとデータの使用量も気になるので、CDからスマホにダウンロードしたい方は「無料の試聴用CD」ももらえる公式サイトから申し込む方法もありますよ。

>>>公式スピードラーニングサイト